2007年12月30日

良いお年を!

・・・23時20分。
2007年も残すところ24時間と少しになりました。
今年もいろいろあったけど、
反省点もあったけど。
煩悩の数より多い悩みはないから、除夜の鐘で洗い流して、また頑張ろ。
何より今年は、夢をかなえた記念すべき年なのだから。

皆様、今年も1年ありがとうございました。
来年はもうちょっと愚痴らないよう我慢して頑張りますので、よろしくお願い致します。

ということで私は明日も仕事です。
1年の終わりまできっちり働くぞー!
よいお年を!
posted by だだ at 23:37| サイトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

すみれちゃん

来春うまれてくる妹の第二子。
5才の姪っ子はなぜか
 「赤ちゃんの名前は『すみれ』にしよう!」
と決めていた。
理由はわからない。
わからないが絶対に「すみれ」がいいんだと主張しつづけていた。

しかし昨夜。
とうとう諦めたらしい。
 「だってママが『だ〜め』っていうから。
  かわりに、この子のなまえを『すみれちゃん』にしたの!」

すみれちゃん?

・・・カエルさんですか。
 「水にいれるとパープルになるの。
  ぴかぴか光るのよ!」
カエルのすみれちゃんは今夜もお風呂で光っています。
posted by だだ at 17:31| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

近畿一周

伊勢神宮へ行くんだと言ったら
 「ええっ!」
 「神社やろ?」
 「何しに行くの?」
と言われた。
神社なんだから拝みに行くに決まっている。
 「だって赤福も売ってないのに!」
・・・たしかに閉まってたけどさ。

赤福

お伊勢参りとか言いながら。
今回の旅のテーマはひそかに「若返り」かもしれない。
旅の道連れは一回りも年下のAちゃんだし、
使うは青春18きっぷなのだ。
 「年齢制限はありません」
って、チラシにちゃんと書いてある。

1日2300円でどこまででも行ける青春18きっぷだから。
ただただ、電車に乗っていた。
兵庫から大阪、京都を抜けて滋賀県へ。
彦根城をチラリと見ながら名古屋に達し、
伊勢湾沿いを南におりて伊勢へ着く。
帰りは素直に奈良を通ったから、近畿2府5県+岐阜までぐるっと制覇。
10時間以上も電車に揺られていたわけだ。
・・・飛行機ならインドまで行ってるな。

お昼ご飯はひまつぶし。
いや、ひつまぶし。

ひつまぶし

並で1680円、高い!
 「うちの学食の4回分だ」
とAが言い、
 「うちのお昼の5回分!」
と私が言った。
・・・なんで学生より貧乏なんだろう私。
値段だけのことはある美味しさでございました。

折り返し地点の伊勢神宮。
日本の心・お伊勢さん。

伊勢神宮

 「森の匂いだ。いい匂い」
とAが呟く。
巨木と羊歯と苔の匂い。
透明な水の匂い。
澄んだ空気の匂い。
キレイな空気をいっぱいに吸って、ココロもキレイにしてもらおう。
子安神社では妹の安産もお願いしてきた。

帰り道。
内宮からのバスがすこし遅れた。
亀山行きの電車は1時間に1本しか来ないから、
同じバスの人たちも渋滞の道路を眺めながらそわそわしていた。
「駅前」のバス停が実はちょっと離れているのも気になるところ。
やきもきしながら駅に到着、私はバスを降りるなりAにむかって叫んだ。
 「走れ! あと1分ある!」
それを聞いて一緒に降りたひとたちがいっせいに駆けだした。
抜きつ抜かれつ。
運動会のリレーみたい。
優勝は私で2位がAちゃん、
電車に飛び乗ったとたん背中の後ろでドアが閉まって、
・・・間に合ったのは私たち2人だけ。
息を切らせたAに
 「だださん足速いですね!」
と褒められたりして。
私って若い!?
いい気分である。
お陰で終電に間に合った。

しかし、疲れた。
さすがに疲れた。
いや走り疲れたのでも電車に乗り疲れたわけでもない。
長い旅路で私達、ほとんど居眠りもせずにずーーーーーっと喋り続けていたからだ。
ひとまわりも下の子とこんなに話せるなんて、私はやっぱりまだ若い!
posted by だだ at 18:05| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ドラマチック・クリスマス

・・・クリスマスに神戸になんか行くもんじゃない。
カップルばっかり1万組くらい見た気がする。
うじゃうじゃうじゃうじゃ、
いちゃいちゃいちゃいちゃ、
目障りだったらありゃしない!
うんざりしていたら、
 「どうせ大半はすぐ別れるんだから、気にするな」
と慰められた。

港町のクリスマス。
道行く人々を眺めていると、それぞれドラマチックなクリスマスが展開されている様子だった。

泣きながら走り去る女性と、
あわてて追いかける男性。

毛皮のコートにくるまれた十代の少女と、
いかにもお金持ってそうな脂ぎった中年男。

それからずいぶん年配の女性と、
スーツ姿の若い男。
男はとにかく立て板に水でしゃべりまくっていた

 「年金だけでは不安」
 「確実な運用を」
 「リピーター率が高く」
 「国が保証してくれますので安心」
 「2倍、最終的には5倍」
 「いやネズミ講ではありませんから」

投資?
勧誘?
もしかして詐欺?
怪しいニオイがしていたが、他人の会話に口を出すわけにもいかず。
・・・気になって仕方が無い。

人の数だけ、いろいろなクリスマスがあるもんだ。
posted by だだ at 23:00| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

何が欲しい?

 「あれ買って! あれ買って!」
と椿が言う。
近ごろ自己主張がはげしくなり、駄々をこねることも増えた。
 「ほしい!ほしい!」
が増えた。
 「あの本がすっごくほしいんだもん!」
ワガママ言う子にはサンタさんが来ないよ、と脅したら
 「サンタさんのおうちは遠いから聞こえないよ」
・・・いや、ちゃんと聞いてるから、サンタさん。

子供の頃は私にも、欲しいものが多かった。
ゲーム。
ラジコン。
超合金のロボット。
きっと私も
 「買って! 買って!」
と親にねだったんだろう。
私も悪い子だったから。

けれども今は、欲しくない。
食料とか日用品とか生活に「必用」なものはあっても「欲しい!」と思えるものは意外に少ない。
お菓子は太るし。
服も靴も最低限あればいい。
パソコンもカメラも車もまだ使えるし。
アクセサリーは無用の長物。
目の前にサンタさんが現れても、白い大きな袋から出してもらいたい「モノ」というのは、なかなか見つからないものだ。

あ。
旅行券とか?
航空券とか?
宝塚のチケットとか?
いっそのこと現ナマとか。

見たいモノはいっぱいある。
行きたい所はいっぱいある。
やりたいこともいっぱいある。
だけど「モノ」って、欲しくない。
・・・サンタさん、どこでもドア、くれないかな?
posted by だだ at 01:13| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

クリスマス・ツリー

クリスマスがなんだ!
イヴの夜がなんだ!
聖夜がどうした!
独り者には夜風が冷たく、ちょっと嫌味な季節である。

所要で訪れた病院でもクリスマス・ツリーを見かけた。
柊の枝に赤や金のオーナメントがぶらさがっているだけの、
ささやかで平凡なクリスマス・ツリー。
だけどツリーの上には
 「クリスマス・ミニ・コンサート!」
という張り紙が。
ちょうどコンサートが終わった後らしかった。
それを見て思った。
・・・私はとんだ贅沢者だと。

世の中はいろいろたいへんで、
たいへんな中でクリスマスを過ごす人が大勢いる。
病院のベッドで病気と闘いながら、
ベッドの脇で看病をしながら、
寒い戸外で仕事をしながら、
たった一人でパソコンに向かいながら、
飢えを耐え忍びながら、
怒りや妬みや苦しみに苛まれながら、
悲しみのなかで途方にくれて佇みながら。

深くとおい夜の底まで、星の光が、ツリーの灯りが、届きますように。
posted by だだ at 20:55| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

冬の彩

葉っぱがぜんぶ落ちちゃって、
枯れ果てたような冬の庭で彩をさがしてみた。

赤いモチの実。

モチの実

冬の菊。

冬の菊

季節はずれのイチゴの実。

いちごの実

それから・・・しゃぼんだま!

しゃぼんだま

 「きいろ! みどり! レインボー!」
椿が叫んで、追いかける。
しゃぼんだまを追いかける。
 「しゃぼんだまはね、みんながいっぱいわらうようにって、
  それで、いっぱいのいろになったんだよ!」

しゃぼんだまつばき

しゃぼんだまは、色、いっぱい。
posted by だだ at 20:25| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

シーズン・オフ!

仕事、終わった。
忙しいの、終わった。

今シーズン、うちの仕事場は常に人手不足で、
今まで経験したことのないような数ヶ月間だった。
若者はネをあげて辞めるし主婦は体を壊して倒れてしまうし、
壊れるのは体だけじゃないわけだし。
みんなもう限界だったのだ。

それが終わった!
終了!
シーズン・オフ!
冬休み!

連休もらった。
図書館いった。
部屋と車の掃除した。
冬の空が、こんなに綺麗だってことを忘れてた。

冬は冬でまた違う大変さもあるんだけど、
そんなことは、まあいいや。
やっと、やっと。
生き返った気分。
posted by だだ at 15:55| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

落ちこむ季節

太陽が沈むと気分が沈む。
気温が低いとテンションが下がる。
空が曇ると心も暗くなる。
・・・冬って、キライだ。

冬の夕焼け
posted by だだ at 22:50| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

巡りくる季節

今、私はよく食べる。
かなり食べる。
ものすごく食べる。
人生最高に食べまくっている。
仕事がハードだったので、体力を維持するために必死で食べていたのだ。
そしたら!
「1日6食」という恐ろしいパターンが出来上がってしまった。

朝起きて食べ、
仕事の前に食べ、
仕事の合間にまた食べる。

昼食は弁当。昨夜の残りを詰めてくる。
だがこれも量が多くて、
 「あんたのお弁当箱、うちの高校生の息子のと同じ!」
高校生男子並みの量だと指摘される始末。

夕方、残業にとりかかる前にパンを食べ、
家に帰ってオヤツを食べて、
夜にはふつうに夕食を摂る。
・・・あ。
1日7食か?
体重こそ増えていないものの、さすがにこれは食べ過ぎだろう。
ちょっと前に胃カメラのんだばかりだっていうのに。

今日、夕食後に寝っころがっていたら、
姪っ子が私のお腹をぽんぽんと叩いてこう訊いた。

 「赤ちゃん産まれるの?」

・・・このお腹から生まれてくるのはきっと、うどんとパンとチョコレートだろう。
食欲の秋は終わった。
また、タイエットの季節が巡ってきたのだ。
posted by だだ at 21:36| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。