2008年10月31日

懐古

先月、CSの「タカラヅカスカイステージ」に再加入しました。
近頃なかなか舞台を観にいけないからですが、
舞台を観るヒマがないってことは、
テレビを見るヒマもないってことで。
ちゃんと見たのは今夜が初めて。
韓流ドラマにハマっている親父を追い払ってテレビを独占し、
星組の『パッション・ブルー』を半分くらい見ました。

大きな手で踊る夢魔・麻路さき氏。
色っぽい白城あやかちゃん。
友達が大好きだった稔幸さん・絵麻緒ゆうさん・湖月わたるさん。
それから紫吹淳さんのぬらぬら光ってた赤い唇。

ものすごくカッコつけてキメてるのに、
どうみても衣装が可笑しいことになっていた銀橋。
 「わーあー」
って無感動に落ちていくマリコさんの声。
ホワイトタイガーのぬいぐるみ。
ああ、中詰めの「ライラ♪」ってフリ、私まだ踊れるよ!

懐かしくて。
懐かしくて。
懐かしすぎて、やばかった。
私はあんまり昔に帰りたいタイプではないんですが、
・・・疲れてるのかなあ。
あの頃いっしょに遊んだ友達の笑顔が、いっぱいいっぱい、浮かんできた。
posted by だだ at 22:11| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

激写

自分にとってはスゴイ出来事なのに、
他の人にぜんぜん理解してもらえないことがある。

今朝、奇跡的な一枚が撮れたので、
同僚たちに写真を見せてまわった時もそんなふうだった。

・・・ねえ、見てみて!

同僚 「これ何?」


大きい写真



・・・分りにくい? 拡大しよっか?



中くらいの写真



 「何なん?」



・・・まだ分らへん? アップにしよっか?



アップ!



 「それがどうしたん?」

いや、どうしたも何も!
鹿やん!
野生の鹿!

 「鹿なんかいっぱい居るやん」

そうだけど写真に撮るのは難しいのよ。
しかもこれ、運転しながら撮ってるの。
駐車場に入る手前の、
ものすごい急カーブ曲がりつつ片手でシャッターを押したのよ!

 「ちゃんと前みて運転しいや」

・・・はい・・・。



なんか悲しかった。
posted by だだ at 19:02| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

目をつぶってでも、できない

ものすごくよく知ってる道を
 「目をつぶってでも歩ける」
なんて言うけれど。
あの慣用句はまったくのウソだ。

昨夜、とある事情があって、
ライトの壊れた車を運転しなければならなかった。
星もない。
月もない。
街灯なんて全くない闇夜の中を。
無灯火で進む。
おぼろに見えるのは、自分の足元だけ。
アスファルトの具合で現在地を知り、
カーブは勘で曲がるしかない。

すると、自分の手のひらのように知り尽くしている会社の敷地内が
まったく別の世界になった。
300mがむちゃくちゃ遠かったし、
なにしろむちゃくちゃ怖かった。
 「ギャー!崖だ!」
 「ギャー!落ちる!」
運転手と2人で遊園地の乗り物なみに叫びまくる。
 「ギャー!なんかいる!」
 「ギャー!ぶつかる!」
 「鹿だあーーー!」
藪からでてきた鹿が怪物に思えた。
 
灯りにたどり着いたときは嬉しかった。
心底ほっとした。
どんなに夜型人間でも、人間は夜行性にはなれない。
どんなに慣れた道でも「目をつぶって」は歩けない。
中途障害で光を失ったひとはどんなに大変なのだろうと思った。
posted by だだ at 19:47| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

近頃ハマった美味しいモノたち

読書の秋、スポーツの秋。
とはいえ春でも夏でも読書は好きだし、
仕事がスポーツみたいなもんだ。
今年はひとつ、食欲の秋ってことで。

近頃ハマった美味しいモノたち。

まずはアーノッツの「スコッチフィンガー」。
「ティムタム」の会社が出してるチョコビスケットだ。
妹が買ってきてくれたのだが、これがウマい!
今やリンツのリンドールに匹敵する大好物。
あああ、食べたい!
スコッチフィンガー
・・・だけど日本では売ってないからどうしようもない。

じゃあ、「サラダパン」。
サラダパン
文字どおり、サラダを挟んだパン。
・・・なのだけど、
挟まってるのはポテトサラダやキャベツやコーンじゃなくて、
沢庵。
タクアン。
大根のコリコリした漬物。
の、マヨネーズ和え。
それを「サラダ」を呼んでしまっていいものかは置いといて。
意外に意外な味じゃない。
美味しいのだ。
サラダパン。
滋賀県まで行ったら是非。

・・・今ちょっと、行けないよな。滋賀県。

しかたがないので、駄菓子でも食べとくか。
毎度おなじみカラムーチョ。
期間限定の黄金一味カラムーチョだ。

これもウマイ!
しかも、そのへんのスーパーで普通に売ってる!

あと一ヶ月で冬が来る。
寒くって手足がバリンバリンに凍りつく冬が!
食べすぎたお腹にぶくんぶくんに皮下脂肪の溜まる冬が!
要ダイエットの冬が!
・・・今のうちに、食べとかないとな。
posted by だだ at 19:49| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

寂しい私達

ちょっと気の早い話だが。
次回のドラマシティ公演のポスターを見たとき嬉しくなった。
 「行こうね、これ!」
と友達に言った。
 「ゼッタイ行こうね、12月24日に!」

・・・やっぱりねえ。
クリスマス・イヴって嫌なのよ毎年。
大劇場公演も終わってるしねえ。
私自身も終わってるしねえ。
だから梅田に寂しい女が集える所を提供してもらえると救われるワケよ。
やっぱり独身のファン友達は反論もせずに
 「チケットがあればね」
と言った。
私も思いついて
 「チケットがあって仕事がなければね」
と付け加えた。
どちらもも
 「クリスマスまであと2ヵ月あるぞ!」
と言い出さないあたりがまた寂しかった。
神様が寂しい独り者を優遇してくださるように祈るばかりだ。
posted by だだ at 20:41| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

うまく言えない

お礼を言うのが苦手だ。
すごく苦手。
いや、照れくさいとかじゃなく。
うまいこと舌がまわらない。
日に何百回も繰り返す、お客様への
 『ありがとうございました』
が、
 「ありがとゴザマシタ〜」
中国人系になってしまったり、
 「ありがとうございヤシタ!」
銀ちゃんになってしまったり。
4時を過ぎる頃には疲れが出て
 「ああああああ」
『あ』から先へ進めなくなってたり。
日本語って難しい。
お礼を言うのが難しい。
posted by だだ at 00:00| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

ご近所の草花(36)

わくわく。
ドキドキ。
楽しみにしてた。
ずっと待ってた。
今年も咲くのを。
出会うのを。
青い、青い、青いリンドウ!

りんどう2008

過労の春と過酷な夏を越え、もう一頑張りの秋を迎えた私達に
山がそっと見せてくれるご褒美の花だ。
posted by だだ at 21:26| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

斑鳩へ

奈良へ行った。
法隆寺に行った。
友達と行った。
 「仁王様ってボディビルダーのポーズでキメてるよね」
と友達が言った。
古代マッチョ

小学生・中学生・高校生。
秋の法隆寺は、修学旅行生に占拠されていた。
五重塔も百済観音も、
子供たちにもみくちゃにされながら見るしかなかった。
・・・やたら疲れた。
 「疲れたね。」
 「疲れたねえ。」
体が疲れた話から、話題はだんだん仕事のグチになっていった。
私も友達もだいぶストレスが溜まっていたから。
 「何かいい仕事ないかな」
 「こういうお寺で働くのとかいいね。心の平和を取り戻せそう」
 「でも人間関係とかしんどそう」

そんな話をしているうちに、たどり着いたのが中宮寺だ。
とても小さな。
静かなお寺。
靴をぬいで上がり、畳に正座をして仏様に向かいあう。

今回の奈良行きは実は法隆寺よりもこの中宮寺をメインに計画した。
ご本尊の「弥勒菩薩半跏像」はたとえようもなく美しく、やさしい顔をしておられる。
私がいちばん好きな仏像だ。
溜まりたまったイライラをすっと吸い込んでくれる。
穏やかな気持ちにさせてくれる。
まるで母親のような微笑みだ。
小さい頃、膝小僧をすりむいて痛いようって泣いていたら、母が
 「大丈夫、大丈夫」
と言ってくれた。
子供の頃はその言葉だけで不思議と痛みが消えたものだ。
中宮寺の思惟半跏像は、大人になった私に
 「大丈夫、大丈夫」
と言ってくれるのだ。

友達と2人で長いあいだ畳に座っていたが、
お寺を出たあとは、どちらも愚痴を言わなくなっていた。
友達もきっと癒してもらえたんだろう。
スッキリした顔で
 「いいところだね」
と言っていた。
・・・傷だらけになったら、また行こうな。
posted by だだ at 21:32| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静かな家

海外に住む妹と娘達が、先月から一時帰国していたが、
またオーストラリアに戻っていった。

姪っ子たちはワーワーぎゃーぎゃー騒がしく、
部屋中におやつとオモチャを散らかして、
猫たちの尻尾を振り回し、
ヨダレを垂らしまくり、
まるで嵐のようだった。

今回、猫のアジャリは子守りを引退し、
姪っ子達の相手は主にサンジが引き受けていた。
サンジもやっぱり子供が好きで、
どんなに尻尾を引っ張られようが
どんなにヨダレを垂らされようが
楽しそうに一緒に遊んでいた。

梅とサンジ

子供たちがいなくなると、家の中は死んだみたいに静まり返った。
騒がしくもなく、
散らかりもせず、
ヨダレも垂れていない。
赤ん坊の笑い声も響かず、お帰り!と飛んでくるハグもない。
・・・いっそのこと、あんなに可愛くなかったらよかったのに。
もっと憎たらしい子達だったらよかったのに。
posted by だだ at 05:49| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

ご近所の草花(35)

胃腸をこわしてウエウエやって、
ごはんを途中で切り上げた昼休み。
 「掃除に行ってくる」
とか何とか、言い訳しながら外に出た。
秋の野山をすこし歩こう。

いい天気だ。
林のすきまに青空がのぞく。
金色の木漏れ日がまだら模様をつくる。
頬にあたる風だけがちょっぴり冷たく、熱っぽい体をさましてくれる。

あっ。
お花畑、発見!

花畑

丘いちめんに白い花。
可愛い小さい白い花。
アケボノソウにちょっと似てる。
でも違う。
これは・・・センブリだー!

センブリ

薬草として名高いセンブリ。
お腹によく効く「当薬」センブリ。
このタイミングでセンブリの花畑に出会うとは!
これは私に飲めと言ってるのか?
・・・だけどすっごく苦いらしい。
千回振ってもまだ苦い「千振」。
飲んでみようか、どうしようか。
posted by だだ at 18:54| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

きれいサッパリ

朝っぱらから、こんなん見つけた。
おそろしくよく落ちそうなクレンジングの宣伝。

宝塚の舞台メイクがきれいサッパリ落ちた!!プロジェニュウ 麗しのミルククレンジング ※5,250円...

宝塚メイクがきれいサッパリ落ちるなんて!
一般メイクなら目鼻までこそげ落ちてしまうのではないだろうか。
それにしてもこの方々、



・・・みんな頑張ってるなあ・・・。
posted by だだ at 06:42| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

パトカー怖いねん

パトカーって、ドキドキする。
悪いことしてなくてもドキドキする。
なんか捕まるんじゃないかと思って。
 「対向車線でスピード違反とってたりするとドキッ!とするよね」
 「ちゃんとシートベルトしてるのに慌ててチェックしたりね」
まあそんな話。

今日もコンビニからの帰り道。
ソフトクリーム片手に運転していたら、
駐車場を出るときパトカーとすれ違った。
やばい!
パトカーだ!
『ケータイしながら運転』が捕まるんだから、
『ソフトクリーム食べながら運転』も捕まるかもしれない!
私はとっさに隠そうと、
お巡りさんから隠そうと、
ソフトクリームを下におろして、
思わず膝の上に、
・・・べちょっと。
 「あああ、私のベルギーチョコソフト(ミニストップの)が!!!」
悲嘆のあまり電柱に突っ込みかけました。
パトカーってほんま怖いです。
posted by だだ at 18:58| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

偏見

同僚が、私の仕事を褒めたつもりで、こう言った。
 「すごいねー!
  だださん、最近あんまりB型っぽくなくなってきたよ!」
どういう意味?
ねえそれどういう意味?
世の中のB型ぜんぶを敵にまわしてる?
 「いやっ、あのっ、そういう意味では」
口ごもった彼女はやっぱりA型さんだ。
もう、ええやん。
AでもBでもCでもDでも何型でも!
血液型本ってまだ流行ってるのかな?
posted by だだ at 21:48| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

好きだったのに

たいへんだー。
マンナンライフの「蒟蒻畑」が製造中止になっちゃったー!

忙しい時でもつるッ!といけて、一瞬でお腹の足しになる。
戦場のような仕事場の、
ささやかな、でも大切な非常食だったのに。
マンゴー味が大好物だったのに。
うおー!
我らが蒟蒻畑ー!

株価の暴落よりも世界的な不景気よりも、
おやつのニュースのほうが応えてしまう。
どこまで呑気なんだ私。
posted by だだ at 19:27| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

運動会にいきたい

姪の椿は今、幼稚園に通っています。
日本にいる間だけ、
1ヶ月だけの幼稚園体験。
その幼稚園の運動会が、次の日曜日にあるそうです。
練習がたいへんなんだそうです。
組体操まであって、椿は『扇』の真ん中をやるそうです。
 「だだもみにきてほしいなあ」
ごめん。
行けない。
仕事だから。
 「どうしてだだはお休みがちょっとしかないの?」
忙しいから。
 「ダディはね、お休み2回あるよ」
この季節に週2休はムリ。
日曜なんか絶対ムリ。
 「ふうん」
椿はそっぽを向きました。
我が子の運動会を見に行けない父親の気持ちがよくわかりました。
必死で場所取りをしてビデオを撮ってる親の気持ちもわかりました。
・・・ごめんな椿。
冬になったら、まとめた休みでオーストラリアに遊びに行くから。
posted by だだ at 04:28| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

雨あがり

嵐のような土日のあとに
ぽかんと空いた月曜日。
 「ヒマですね」
 「ヒマですねえ」
ブレンディのCMみたいな一日だった。

晴れたね

ヒマだから、旅行の話ばっかりしてた。
 「ほんとにだださんは旅行好きだねー。
  しかもハワイじゃなくてインドとか。
  なんで?」
だって、私は小っちゃい人間だから。
大きな世界に目を向けなかったら、
ますます小ちゃくなってしまうから。
 「インドとか行ったら、変われるかな?」
と同僚が言った。
 「私の悩みなんか小ちゃい小ちゃいもんやって思えるかなあ」

旅に出よう。
旅に出よう。
2月になったら旅に出よう。
青空みたいにすっきりと
晴れた心をとりもどすため。
posted by だだ at 00:00| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

大好き

アジャリは初恋のひとでフィアンセで、
子猫のサンジは大大大大親友。

大親友

椿がオーストラリアへ帰ったら、猫たちはまた泣くんだろうな。
家中を探しまわって泣くんだろうな。
・・・いっしょにいられるのは、あと2週間。
posted by だだ at 21:48| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

眠れない理由

朝から、先輩がため息をついていた。
だいぶ疲れている様子だ。
大丈夫ですか?
 「ゆうべ眠れなくて」
どうしたんですか?
 「ちょっと気になることがあって・・・」
気になること。
そう言われると、つっこんだことを聞くのはためらわれた。
仕事の悩みか。
家庭の問題か。
それともまさか、道ならぬ恋でもしているのか?
どちらにしても私のような若輩者が相談にのるべきではない。

返事に困った。
気まずい沈黙ばかりが流れていく。

と、突如、先輩が
 「♪黒ヤギさんからお手紙ついた
   白ヤギさんたら読まずに食べた」
と『やぎさんゆうびん』を歌いだしたではないか。
ついに壊れたか先輩!?
 「この歌、知ってる?」
ええまあ・・・。
続きは
 ♪しかたがないのでお返事かいた
  さっきのお手紙ご用はなあに?
ですよね。
 「そう。それでまた
  ♪白ヤギさんからお手紙ついた
   黒ヤギさんたら読まずに食べた
  に戻るんだよね。
  でさ。
  この歌って終わりはあるの?」
終わりは無いんじゃないですか?
白ヤギさんが食べて
黒ヤギさんが食べて
白ヤギさんが食べて
 「エンドレス?
  実はそれが気になって眠れなかったんだよねー」
・・・はあ。
 「だいたい、最初に書いた手紙って結局は何だったんだろうね?」
知りませんて。
ヤギは手紙なんか書きませんて。
そんなこたどうでもいいから、寝てください、先輩。
posted by だだ at 22:16| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

おんなのこ?

姪っ子の椿はもうじき6才。
ただいまタカラヅカの仕込み中である。
去年も2回大劇場まで連れて行き、
ひょっとしたらこのままファンになってくれるんじゃないかと思うくらい喜んでくれていた。

ところがだ。
今日、テレビの舞台中継をみていた椿が、こう訊いたのだ。
 「おんなのこなの?」
タカラヅカは女の子だけの舞台だよと、
何度も聞かせてきたのだが。
その意味が初めてのみこめたらしい。
 「これ、おんなのこぉ?」
そうだよ。
みーんな女の子なんだよ。
 「このひとも、おんなのこ?」
箙かおるさんもおんなのこだよ。多分。
 「おひげのひとも、おんなのこ?
  おうじさまも、おんなのこ?」
椿の顔は真剣だ。
何度も何度も、きいてきた。
 「ティリアンも、おんなのこ?
  レッドも、おんなのこ?」
憧れの王子様が女性だったという真実にかなりの衝撃を受けている様子だった。
私は「男役」という生き物について、いっしょうけんめい説明してきかせた。
おんなのこだけど、舞台ではおとこのこ。
かっこいいでしょう?
椿はちいさく
 「うん」
と肯いた。
今月、日本にいるうちに、なんとか大劇場のプリンスを観せにつれていってやりたいものだ・・・。
posted by だだ at 22:14| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。