2009年04月27日

毎年のことですが

余力がないためしばらく更新をお休みします。

再会はGW明け・・・かな?
posted by だだ at 23:13| サイトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

氷雨ふる4月

今日の私。
悪い子だった。
あかん子だった。
自分自身に嫌気がさして、
いらいらいらいら、しっぱなし。

きっと、心のアンテナが、空を向いていなかったからだ。

アンテナ

先輩にごめんなさいのメールを出したら
 「大丈夫。みんなそうやって大きくなる」
と言ってくれた。
・・・うん。
おおきくなる。
大人になる。
頑張る。

明日は、上むいて歩こ。
posted by だだ at 19:40| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはよう

鹿、おはよう。
ウサギ、おはよう。
カケスもシジュウカラも
みんなおはよう!

090426_052630.jpg

…晴れた!
posted by だだ at 05:29| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

不況のGWがはじまる

アメリカ発の世界不況は日本にも及び、
日に日に景気が悪くなっていくのを実感している。

マンホール

なんだか暗い気持ちになって
同僚たちと地面みつめて話しをしてた。
 「やばいよね」
 「やばいね」
 「景気悪いね」
 「悪いね」
 「お客さん、少ないもんね」
 「GWも始まるのにね」
 「・・・だけど」
そこで言葉が途切れた。
不景気だけど。
不謹慎だけど。
大きな声では言えないけれど。
 「私達はちょっとラクだよね?」
毎年GWといえば殺人的に忙しくて、過労で1人2人倒れるのが恒例だ。
去年はとくに酷かった。
ノイローゼに陥ったり
生理が半年以上も止まっちゃったり
もう、やられまくりだったのだ。
だが今年は不況のお陰でおかげさまで、例年ほど忙しくないもんだから
・・・誰も倒れずにすむかもしれない。
なんとか元気に乗り越えられるかもしれない。
そんな期待がちょっとある。
posted by だだ at 20:31| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

トイデジ持って花のみち

テレビで『衝撃の映像50連発!』みたいな番組をやっていたけど
そんなものより、昼間のニュースでみた
『警察に連行される草なぎ剛』の方がずっと衝撃的だった。
それとタヌキ顔の政治家が
 「最低の人間だ!」
と息巻く映像。
何もそこまで言わんでもと。
SMAPだって人間やん。
失敗することもあればフラれることも、酔いつぶれることだってあるだろう。
警察には、もっと捕まえてほしい人がいっぱいいる。

それはさておき。

「見たものを見たままに写す」のがカメラだって言うけど
おもちゃカメラは絶対に見たままなんて写してくれない。
見慣れた景色をぜんぜん知らない世界につれていく。

庭の花
写真の続きはコチラから
posted by だだ at 22:10| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

トイデジ

カメラが好き。
撮るのはまずいけど、でも、いいの。
カメラが好き。

で、また買った。
おもちゃのデジカメ。
VQ1015。



売り切れ寸前で買えました。
届いたときは嬉しくて。
わくわくしながら梱包を解いて、
さあ!
いざ!
シャッターを!
・・・動かない。
さっすが、おもちゃだ。
シャッター下りない。
「この電池キライ」
「このSDキライ」
ってエラー出まくり。
なだめてすかしてようやく下りた。
私のトイデジ、デビュー初シャッター。
おねむのアジャリ。

いねむりアジャリ

なんかよくわからんけど、
明日はこれ持って花の道を歩こう。
posted by だだ at 22:36| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

迷子

赤いランドセルを背負い。
姪の椿が小学校へ行く。
ついこのあいだ生まれたばかりなのに、もう1年生だなんて。
早いものだ。

赤いランドセル

今朝は、私が玄関先までお見送りをした。
 「いってらっしゃい!」
 「いってきまーす」
元気に歩きだした椿。
ふと振り返って、ちいさな声で尋ねた。
 「わかんない」
わかんない?
何が?
 「学校の行き方わかんない。
  学校、どっち?」
隣の家を曲がったら、もう学校だよ!
小学校は本当にすぐそこで、家のナナメ向かいと言ってもいいくらいなのだ。
しかも通い始めて5日目だ。
それをわかんないといわれて戸惑った。
椿はもっと戸惑った顔で歩きだした。

ほどなく判明したところによると、
小学生は全員「登校班」のメンバーといっしょに集団登校を義務づけられているらしい。
椿はそれを無視して一人で登校してしまったらしい。
あとでこってり叱られた。
 「どうして一人で行っちゃったの!
  登校班のお姉ちゃんたちは椿をずっと待っててくれたんだよ!」
 「だってだってだってぇー」
椿はワンワン泣きながら言った。
 「だって、わからなかったんだもん」
 「何が!?」
登校班の待ち合わせ場所(家の裏)が。
分らなかったんだそうだ。
・・・学校へ通いはじめて5日目で。
大丈夫かコイツ。
 「もう、あんたって子はー!」
母親はおおげさに子供を抱きしめた。
 「本当に方向音痴なのねー!」
いいやん。
方向音痴でも。
生きていける生きてける。
これからいっぱいオモロイことあるで。
道草、わき道、迷い道。
遠まわりの人生、楽しもうな、椿。

・・・ちなみに私も1年生のとき、
校門まではたどりついたものの校舎の入り口が分らなくてワンワン泣いた覚えがあります。
posted by だだ at 20:41| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

赤い靴、はいてる?

走って
走って
走って
走って
仕事してたら上司に
 「たまには止まりなさい!」
と言われた。

・・・近頃、立ち止まったら死んじゃうような気がします。

信号待ちに見える空

あ、でも赤信号ではちゃんと止まるよ?
posted by だだ at 22:09| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

私のSOYJOY返せ〜!

私は毎日、お茶とおやつを携えて仕事に出る。
いや、遠足ではない。
早弁でもない。(多分)
朝が早いのでお腹がもたないのだ。ということにしておこう。
おやつは『ソイジョイ』がお気に入り。
今日のフレーバーはアプリコットだ。



今朝もお茶とソイジョイを持って仕事に出た。
そしてそれを、お客さんから見えない所、桜の木の根元に隠して、
2箇所を数分おきに行ったりきたり繰り返す仕事をしていた。
お茶をときどき飲みながら。

数時間後。
ちょっと手が空いたのでお楽しみのソイジョイをかじろうと、
隠し場所の桜の木の根元をのぞいてみたら!
・・・無かった。
ソイジョイ、無かった。
無くなってた。
消えうせてた。

なんでだ。

探した。

見つからない。

なんでだー!

風も吹かない動物もいない、私のソイジョイ無くなるわけがない。

だけど無い。

見つからないまま仕事に戻り、
数分後。
ふたたび桜の木に、帰って来たら、そこには!
・・・変わり果てたソイジョイ(アプリコット)の姿が!
食べちらかした包み紙だけが!
草の上に放りだされていた。

誰だーーー!
私のソイジョイ食ったのはーーー!

怒りMAX。

包み紙は、さっきまで絶対になかった。
今さっき食べたとこなんだ。

辺りを見回すとお客さんが一人。
60過ぎの地味なおっさんが一人。
ふつうならお客さんが絶対に入ってこないエリア、
桜の木のすぐそばを、さりげな〜く歩いていた。

いや、ぜんぜん、さりげなくなかった。

あんたかーー!
私のソイジョイ食べたのはーーーー!

おっさんをつかまえて
 「私のソイジョイ食べました?」
って聞こうかと思ったけど、聞けなかった。
やっぱりお客さんだから。
仕事だから。
証拠を隠滅された今となっては起訴することは難しいから。

睨みつけるだけで許してあげた。
睨みつけながらニッコリ微笑んでみた。
睨みつけながら視線をそらさず仕事を完遂した。
もしこれがアプリコットじゃなくストロベリーだったら、きっと許せなかったと思う。

他人のモノを食べちゃうなんてありえない。
きちんと並べておいたので落とし物には見えなかっただろうが、
たとえ
 「あ、落ちてる」
と思ったとしても、誰のものか分らない物を口にする勇気は私にはない。
あのしょぼいおっさんは、拾い食いをするほど、飢えていたのだろうか?
朝から晩まで走りつづける私にとって、
1本のソイジョイは貴重なエネルギー元だったのだけど。
お腹の空いた朝だった。
posted by だだ at 19:58| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ご近所の草花(46)

まだ春浅く。
いちめん淡い若葉の中に、パッ!と吹き出たピンク色。
激しく燃える火の花だ。
火炎の花だ。
ヤマツツジ。

やまつつじ

1月に雪をかぶり
2月に灰色だった山は、
3月には木の芽をふくらませて暗い赤みを帯び、
4月なかばにとうとう芽吹いた。
山はどんどん衣替えをするが、この季節がいちばん美しいと思う。
幼い芽の白っぽい緑から、柔らかな若葉色、濃い緑の松葉色に至るまで、ありとあらゆる緑色が山をモコモコに多いつくす。
5月にはしたたる緑に変わるだろう。
毎日毎日。
季節はすすむ。

もうじき、山笑う

この世界はなんてきれいなんだろう。
posted by だだ at 21:51| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

学校の準備

姪っ子の椿が小学校へ行く。
日本にいるあいだだけ、1ヶ月だけの小学校生活。
それでも学用品は普通に揃えなければならないから、母親は大慌てで買い物に走っていた。
 「体操服に赤白帽、お道具箱、給食袋・・・」
何やらたくさんの物が必要らしい。
やっとのことで「これで完璧!」と準備を終えたが、
今日の朝。
当日の朝。
 「あああ、粘土板わすれてたー!」
うん、あるある。
いっこくらい、あるよね。
でも持たせなければ子供が恥をかく。
どうしよう、粘土板ー!
そのとき母がおもむろに
 「これを使わせたら?」
と持ってきたのが
 「プラスチックのまな板」
であった。
こんな感じの。


どう見ても、まな板。
でも使えそう。
粘土とかできそう。

・・・結局椿は、ランドセルとまな板を持って小学校に登校した。
posted by だだ at 22:00| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

愚痴なのかネタなのか

海外暮らしの妹はいつだって強気だが、家族に会うととたんに愚痴っぽくなる。
 「このあいだ友達を家に呼んでランチをしたの。
  和食をつくって振舞ったら大騒ぎになっちゃって・・・」
なんで?
 「『CDプレイヤーから煙がでてる!』
  『火事だー!』って」
生まれて初めてご飯を炊くところを見たオージーたちは、
危うく炊飯器を消火しちゃうトコロだったらしい。

他にもこんな愚痴が。
文房具店に行った妹が
 「消しゴムを下さい」
と言ったら店員がキョトンとしている。
 「消しゴムを下さい!」
まだキョトンとしている。
何度言っても通じない。
そこで娘の椿(ネイティブ)に言わせてみると。
 「A rubber!」
 「OK!」
一発で通じた。
それで分った。
妹の発音がマズくて『rubber』が『lover』に聞こえた・・・
つまり店員さんにはこう聞こえたのだと。
 「愛人をください」
そりゃあキョトンとするはずだ。

愚痴だけど。
ネタが満載。
頑張れ負けるな日本人。
posted by だだ at 17:00| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

母は強し

妹が、娘2人を連れてオーストラリアから帰ってきた。
赤ちゃん連れで9時間のフライトはキツかったでしょう?
ぜんぜん眠れなかったみたいだし、と労わると。
なんのなんの!
 「人生のうちで9時間なんてアッという間よ!」
あっけらかんとした答えが返ってきた。
 「あとはガッツよ!」
・・・母は、強いのだ。


posted by だだ at 22:17| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

バンコクの空

また非常事態宣言が出てえらいことになっているタイ・バンコク。
戦車が乗っ取られる映像を見たが、とっても見覚えのある場所だった。
宿のすぐ近くだった。
このあいだの旅からまだ2ヶ月も経っていない。

おいしいゴハンとひとなつこい猫と、
国王を愛し国を愛し、柔らかい言葉を話す人たちの国。
タイは私の旅の故郷だ。
・・・タイの明日が、晴れますように。

バンコクの青空
posted by だだ at 23:55| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

お天気よすぎて日焼けした

朝焼けと夕焼けは「顔が違う」って書いた小説家がいた。
どんな顔だ?
どっちが美人だ?
たしかに色は違うと思うけど。
実は私もよくわからん。

さあ、これはどっちだ?

飛行機雲

デスクワークのヒトには馬鹿にされるんだけどさ。
あふれる四月の太陽も、
むせかえる花の匂いも、
淡く芽吹きはじめた木々も、
キツツキのドラミングも可愛いコウサギも、
・・・山の美しさは、このすばらしい世界だけは、
ぜんぶ私達のものだ。
現場だけが味わえるものだ。
ふんぞり返ったお偉いさんには分けてあげないよーだ!
posted by だだ at 20:00| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

お昼寝アジャリ

 「邪魔しないで。
  気持ちよくつぶれてるんだから。」

つぶれ猫

ヒトもネコも、春眠の季節となりました。
posted by だだ at 19:47| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今はただ

 「頑張ろう」
と同僚が言った。
頑張っても無理かもしれない。
無駄かもしれない。
潰されるかもしれない。
壊れるかもしれない。
そんなことは言われなくても分ってる。
だけどそれでも、頑張りたい時があるんだ。
・・・私達は一人じゃないから。
 「頑張ろう」
と同僚が言った。
私はそれが嬉しかったんだ。
posted by だだ at 00:00| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

燕来る

仕事場に巣をかけていたツバメが、帰ってきた。
南の国から帰ってきた。
おかえり!
って出迎えたら、1羽だけだった。
・・・ひとりぼっちか。奥さんいないのか。
町中と違い、山にはあんまりツバメはいないものだ。
・・・おまえも町へ下りろよ。都会のほうが結婚率高いよ。
軽く説得とかしてみたが、ツバメが聞き入れるはずもなく。
ツバメは一生懸命お嫁さん探しの歌を歌っていた。
一人ぼっちの山の中。
その姿は寂しげで、ちょっと哀れだった。

ところが先日。
頭上をスイスイ飛んでいくツバメを見てびっくりした。
ツバメは、2羽になっていた!
お嫁さんが見つかったのだ!
・・・おめでとう!
嬉しかった。
安心した。
たかがツバメのことなのに。
2羽が仲良く並んで止まっているのを見ると嬉しかった。
もう寂しくないねって思った。
そして、
・・・またフン掃除か。
ちょっと、悲しかった。
posted by だだ at 23:09| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

花のみち

 「お花見に誘われたんだけど、断ったの」
と友達が言った。
どうして断ったの?
 「だって、毎日みてるから。
  桜は花の道ので十分」
彼女は通いつめてる宝塚ファンなのだけど。
私にとっては恋焦がれていた宝塚の桜だ。
花のみちの桜。
今日やっと、見た。

花の道の桜2009

桜ってものすごく待ち遠しいし、
咲き始めると嬉しいし、
とっても綺麗なんだけど、
・・・たしかに、ウンザリするほど咲くんだよね。
毎年、花のみちの300mでけっこう飽きる。

でも、花のみちは桜だけじゃない。
花壇はいろんな色の花で満ちあふれている。

花のみち2009

木蓮、パンジー、ユキヤナギ、チューリップ、サクラソウ。
いっぱい。
いっぱい。
花いっぱい!

通りすがりのぜんぜん知らない人たちと
 「きれいですねえ!」
 「本当に!」
と微笑みあい言葉をかわした。
明るい桜のトンネルの下では誰も不機嫌な顔をしていない。
花は、人を笑顔にする。
花は、人を幸せにする。
この季節、花のみちは幸せでいっぱいになるのだ。
posted by だだ at 21:36| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

パパと息子

 「イチローが打とうが打つまいが、
  侍JAPANが勝とうが負けようが、
  私には直接関係がない。」
そんなこと言ってらバチが当たった。
今日のお客さんはプロ野球選手。
ファンの人には「鼻血が出るほど羨ましい」と言われたが
私にとっては「それなら替わってよ」と言いたい仕事の一つだ。

今回、その野球選手は小学生の息子さんを連れていた。
素直で可愛い男の子。
 「上手ですね。さすがお父さん譲りですね」
とほめると、パパは
 「そうでしょう!上手でしょう!」
でれでれの親バカモードに突入する。
その顔は、試合のときの緊張感のある顔とはまったくの別人だ。

けれど息子が転んだとき、
思わず駆け寄ろうとする私にパパはこう言った。
 「いや、大丈夫です。
  こういう環境の子供は強く育てないといけませんから」
こういう環境の子。
さりげないが、強い言葉だった。
有名人の親をもつと子供は苦労するんだろうなと、
いろいろ考えてしまった。

息子はパパにべったりだった。
パパのことが大好きで、尊敬してる。
だけどふだんはあまり家にいないんだろう。
 「これが終わったらどうするの?
  パパはお家に帰るの? ずっとお家にいる?」
と心配そうに尋ねた。
 「今日は試合〜」
パパがそっけないウソをつくと、息子は黙ってうなだれた。
どんなにスター選手のかっこいいパパでも、
やっぱり家にいてほしいのだろう。
 「うそうそ、このあと釣りにいこう」
パパはあわててフォローをする。
今日は特別の家族サービスデイなのだろう。

とても礼儀正しい人たちだったし、
とても素敵な親子だった。
野球のことはあんまり知らないけど、たまにはテレビを見ようと思った。

試合に勝ったり負けたり、
調子がよかったり悪かったり、
観ているほうは勝手に騒いで勝手に怒って楽でいいけど、
本人は大変なんだろう。
あの筋肉の浮いた逞しい腕が試合の勝ち負けを左右するんだ。
可愛らしい奥さんと可愛らしい息子さんは
祈るような気持ちで試合を見つめているんだろう。
今年はきっと。
勝ちますように。
彼が活躍しますように。
・・・優勝を、お祈りしています。
posted by だだ at 17:34| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。