2009年05月31日

青しんごう

朝、車で走っているときに、信号が青つづきだと嬉しくなる。

青信号

青信号だ、走れ、走れ!

雲がこようと
雨がふろうと
嵐になろうと、走りつづけろ。

青信号は、私を走らせる合図。
posted by だだ at 20:03| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

貧乏人よ、夢を買え

同僚たちと宝くじの共同購入をやることにした。
生活の苦しい人が多い職場なのだけれど、
みんなでちょっとずつお金を出し合って買うのだ。
夢を買うのだ。
現実逃避をしたいのだ。
こんなコピーを考えた。

 『みんなで当てて
  みんなで辞めよう
  宝くじ!』

もし大金が当たったら、上司を筆頭に、全員で行列をつくって辞表を提出してやるのだ。
それが私達の夢なのだ。
 「宝くじが当たるか、体をこわすか、どっちかよ」
と、ロッカールームで一人が呟いた。
posted by だだ at 20:21| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

手料理

ゴハンを作るときはいつもお腹が空いているせいだろうか?
なぜか、いつも作りすぎてしまう。
カレーなんかだと日もちがするのだけれど
今日はサンドイッチをつくりすぎた。
これは、腐る。
仕方がないので会社に持っていき、みんなに
 「食べてくれ」
と差し出した。
ハムにキュウリ、ゆで卵、ツナ・オニオン、厚焼き玉子。
家族以外の人に食べさせたことがあまりないので
微妙に緊張していたところ
 「おいしいよ!」
先輩が絶賛してくれた。
母にちかい年齢の大先輩が、だ。
他の誰よりも、その先輩にほめられたことが嬉しかった。
サンドイッチが家庭料理と呼べるかはさておき
 「だだちゃん、主婦合格だよ!」
とまで言ってくれたのだ。
本気でちょっと、感動した。
・・・ほんとに? ほんとに合格ですか? やったあ!
 「うん、あとはお婿さんを見つけるだけね!」
・・・。
独身で主婦合格しても、なんにも嬉しいことはないのだった。
posted by だだ at 22:06| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VQシリーズ

手持ちのトイデジ「ビスタクエスト」シリーズが
たった一ヶ月の間に3台に増殖しておりました。
なんでおんなじのばっかり買うの!
と家族は呆れおりますが、
だって微妙に違うんだもん。
VQ1015 ENTRY、VQ1015 Classic、VQ1005(2008年のやつ)。
以下に撮り比べをやってみました。
興味のある方はどうぞ。
続きを読む
posted by だだ at 21:51| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

天気予報信仰

晴れたり降ったり。
暑くなったり寒くなったり。
ややこしい季節だ。

頼みの綱は天気予報。
天候に大きく左右される仕事なので、予報に対する感心は高く、
同僚たちはみんな天気予報士に対して厚い信仰心を抱いている。
問題は、信仰の対象が人それぞれで違うところだ。

たとえば私はNHKのデータ情報を信頼しているが
同僚Aはケーブルテレビの地域予報を
同僚Bはヤフーのピンポイント予報を信じている。
 「今日はなんとか雨がもちそうだね」
 「ええっ! 午後から50%だよ?」
 「違うよ。90だったよ。もうすぐ降ってくるはず」
 「でも、傘マークがしぼんでたもん」
 「夕方まで大丈夫だってば!」
 「90%だよ?」
 「そんなはずない!」
たかが天気で下手すりゃケンカだ。
天気予報士がみんな口裏を合わせておいてくれないかなあって思うときがる。
posted by だだ at 19:04| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

カメラをもつ理由

子どもの頃からよく
 「何を見てるの?」
と声をかけられる。
しょっちゅう何かをぼーっと見つめているからだと思う。
雀の巣とか、カマキリの卵とか。
雲の形とか、知らない花だとか。
雨が残していった水滴のかたちにはいつも目を奪われてしまう。

みずたまのアップ

大人になってから声をかけられる確率は高くなった。
いい年をした大人が一つ所をぼーっと見ていると余計に変なのだろう。
うまくならないカメラを持ち歩き続けるのは、とりあえず
 「撮ってるんで」
というポーズで返事をしておきたいからかもしれない。
posted by だだ at 17:52| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ご近所の草花(47)

世に「雑草」という名の草はない。
ただ、「雑草取り」という名の作業は存在する。

そいうとき、イバラほど手ごわい相手はいない。
幹が硬いし。
トゲだらけだし。
切っても切ってもへこたれない。
イバラは強い。
強くてしぶとい。
まるで生きた鋼のように。

そんな「雑草キング」イバラの花が、これだ。

閉じたノイバラ

・・・普通に白バラやん!

茨は、薔薇ではないと思ってた。
だって字が違うもん。
華麗で上品でベルサイユとかに生えてそうなやつと、
どこにでも生えてきて服に引っかかってベリッてやってくれるやつとが
おんなじ種類の花だなんて思ってもみなかった。

だけど今日、山の中ですばらしいイバラの群生を見つけたのだ。
2m以上ある大きな木が何本も茂り、立体的に絡みあい、
いちめんに花をつけている。
まるで白バラの城だった。
服をベリッてやりたくないから近づかなかったけど
城の外から香りを嗅いだ。
ふんわり。
いい香り。
タフでワイルドな雑草キングとは思えないほどやさしい香り。
その香りで私は知ったのだ。
イバラも、バラだったと。

ノイバラ
posted by だだ at 21:32| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

初夏

ウツギが咲いた。
ホトトギスが啼き、それからカッコウが啼いた。
春をとおりすぎてもう初夏なんだ。
山の神様は里へと下りて、
人々は田に苗を植える。

田植えおわった

その昔、都会にでてバリバリ働くのがかっこいい、って信仰があった。
カタカナの職種がかっこいいとか。
横文字の会社がかっこいいとか。
アホちゃうか? と今になって思う。
なにがオフィス街やねん。
なにがカフェでランチやねん。
コンビニなくても生きていける。

今では、地に足つけて働く人のほうがずっとかっこいいと思う。
泥にまみれて大地を耕し、
太陽と水のめぐみで食べ物を育てる。
風と戦い虫を撃退する。
人間のあるべき姿だ。

私はOLにもなれないけど、
お百姓さんにんもなれないから。
ほっかむりして腰をまげ、
田植えをしているおばあちゃんを憧れのまなざしで見つめてしまう。
農家のひとって、かっこいい!
posted by だだ at 19:50| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

たくさん書きすぎたワ

「あなたのブログを本にしよう!」というキャンペーンが目についた。
製本か。
いいかもしれない。
年配で、パソコンをやらない友人が、毎年送る旅行記を楽しみに読んでくれている。
そのひとたちにこのブログを読んでもらえる術があったらと、以前から思っていた。
病を患う辛い日々を私の文章で少しでもなぐさめられたら。
・・・1冊だけ、作ってみようか。
見積もりはタダだったのでやってみた。
出てきた答えは
 「ページ数オーバーです」
記事数が多すぎるらしい。
なにしろ1200記事とかだもんな。
カテゴリを絞り込んでもう一度見積もってみた。
こんどは料金が出てきた。
 「1万3千円」
高っ!
無理っ!
あきらめたっ!
・・・おじさん、ごめんな。
posted by だだ at 19:14| サイトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐるぐるとクマ

今日の写真は、私の仕事用カバン。
何年も前に500円で買ったやつ。
ぐるぐるの渦巻き模様に
 「それ見てると目がまわる」
と同僚に言われた。

ぐるぐるとクマ

ぐるぐる。
ぐるぐる。
ぐるぐる渦巻き。
まるで私の頭の中みたい。
私もよく、ぐるぐるぐるぐる、やってるから。
目がまわりそうになってるから。

そんなぐるぐるカバンにぬいぐるみのクマをつけたら同僚に
 「わあ、可愛らしいのつけて!
  だださんらしくないね」
と驚かれてしまった。
たしかに私らしくない。
先日までぶら下げていた、峰不二子のお色気フィギュアのほうがよっぽど私らしい趣味だ。
でも、この白クマは特別製。
友達のおばさんの手作りなのだ。
たくさんたくさんの苦労をこらえてきたおばさんが
ぶ厚いあったかい手で作ってくれたクマなのだ。
だから、私がぐるぐるぐるぐるやってると
クマが優しいおばさんの声で
 「大丈夫だいじょうぶ」
と言ってくれる気がする。
posted by だだ at 18:48| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

何カレー?

同僚が、通勤電車のなかで不思議な吊り広告を見つけた。

 『ピカソとカレー

ピカソは分る。
偉い画家だ。
だが、なぜカレー?
ピカソがカレー好きだった?
そしてカレーの絵を描いた?
それは一体、何カレー?
ビーフカレーかカツカレー?
それともシーフードカレー?
カレー好きの同僚は気になって気になって、
カレー色のポスターを少し遠くからずーっと見つめていたらしい。

やがて電車が駅に着き。
乗客がおりてゆく車内で、同僚はおもむろにポスターに近づき、じっくりと読んでみた。
そこにはこう書いてあった。

 『ピカソとクレー

・・・ああ。
カレーではない。
カレーではなかった。
なんかすごく残念だったと同僚は述べた。

件のポスターはこれだ↓
 『20世紀のはじまり、ピカソとクレーの生きた時代展

お昼に同僚はカレーを食べた。
何カレー?
 「ククレカレー!」
満足そうに答えてから、
 「でさあ、クレーって何?」
・・・画家の名前だよ
posted by だだ at 18:34| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

ぶきっちょ

細かい作業に手間取る私をみて
先輩がカラカラと笑った。
 「なんでそんなに、ぶきっちょなん!?」
指先の作業も
お金の計算も
車の駐車も
いつも必ず、なんかうまくいかない。
・・・ぶきっちょは生まれつきです。
と言ったら先輩は
 「手先のことだけじゃないよ」
とまた笑った。
その話をしたら母までが
 「そうね、あんたは昔からね」
と笑った。

不器用な私がただひとつ、得意なことは、走ること。
ダッシュ力と持久力では誰にも負けない。
つまずき転んで脛をすりむき
肘をぶつけて頭を打って。
絆創膏なしではいられないけれど。
それでも私は走ってく。
走って、走って、走ってく。
不器用だから。
それしか知らないから。

あ、お昼の時間だ

・・・あ、お昼休みだ。
posted by だだ at 22:09| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

新型インフルエンザの影響

一気に影響がでてきました、新型インフルエンザ。

学校がぜんぶ休校になった
 ↓
子供をもつお母さんが家から出られなくなった
 ↓
パートの人たちが出勤できなくなった
 ↓
深刻な人手不足

切羽詰った顔で人集めをしていた上司が
ついに学生のバイト君に電話をかけはじめた。
 「ねえA君、明日、出勤できない?」
 「えっ、明日ッスか?」
 「だって学校閉鎖でお休みでしょ♪」
 「・・・外出禁止なんスけど・・・」
わかってる。
そんなことわかってる!
でも人手が足りないの!
むちゃくちゃ足りないの!
仕事が回らないの!(・・・もちろん、学生はあきらめました)

ヘルパーの友達はデイサービスがすべて中止されるかわりに
個々のお宅のホームヘルプに入ることになり
 「ヘルパーが10人足りないの! 10人よ!
  だだちゃん、来てくれない?」
いや、私も仕事ですし。
全員、休み返上ですし。
どうなんのコレ。

今はどこにいってもマスクの人だらけだ。
コンビニでもガソリンスタンドでも
店員さんはマスクをつけているのが基本。
だけど私はマスク無し。
仕事の時でもマスク無し。
どこにも売っていないのだ。
せいぜい、手洗いうがい、それだけだ。

お願いだから、はやく治まってほしい。
posted by だだ at 19:50| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

新型インフルエンザ

日本に上陸したとたん、どんどん広がってゆく新型インフルエンザ。
ぜんぜん海外に行ってない人たちから感染が始まっているらしいが
あの空港での必死の水際作戦はどうなったんだろう。
必死で働いていた人たちが気の毒でならない・・・。
新型インフルは私ん家の目と鼻の先くらいまでやって来ていて
そこいらじゅうの学校はぜんぶ今日から休校だし
高齢者のデイサービスとかも休止になっちゃうし
働いてる人はみんな休んで家族の面倒をみなければいけないハメになりそうだ。

あと数時間で宝塚も公演がはじまるわけだが。
宝塚市で感染者が出たとは聞いていない。
まだ、聞いていない。
ここ数日のうちに聞くことになるのだろうが。
公演やるのかなあ。
さよならイベントは行われるのかなあ。
昨日から気になって仕方がない。
高校時代の私なら、アホ全盛の私なら、
学校が休みになったのをこれ幸いと
大喜びで劇場に向かうだろうから。
なにせ、トップのさよなら公演だ。
大事な大事な千秋楽だ。
・・・全国各地から何千人ものファンが集まってくることだろう。
posted by だだ at 05:22| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

よろしおあがり

私の仕事は接客業。
だが、飲食店ではない。
レストランでもカフェでもない。
ところがあるとき。
同僚がお客様に
 「お疲れ様でした」
と型どおりの挨拶をすると、
返ってきた言葉がなぜか

 「ごちそうさまでした」

だった。
・・・何か食べたのかこの人。
若い女のお客さんは
 「ハッ! しまった!」
という顔をしてテケテケと走って逃げていった。
・・・うんうん、あるよね、こういうこと。
後ろ姿を眺めながら同僚は小さく
 「お粗末様でした」
と答えておいたという。
posted by だだ at 20:00| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

大きくなあれ

先月オーストラリアからやって来た2人の姪っ子たち。
たった一ヶ月間の滞在だったが子供の成長は早いものだ。
ハイハイでやって来た赤ん坊の梅は、
日本にいる間に歩けるようなってしまった。

歩きはじめ

この子はこの足で、
これからさまざまな場所へ行き
さまざまな人に出会い
さまざまなことを経験するのだろう。
大地をふみしめる小さな足の第一歩。

6才の椿はランドセルしょって小学校へ通い、新しい友達もできた。
とび箱が跳べるようになった。
給食当番も経験した。
むちゃくちゃ楽しかったらしい。
それだから椿は、明日はオーストラリアに帰るんだよと言っても
 「帰りたくない」
と大人を困らせる。
でも、パパが待ってるよ。
大好きなアレックスやブロンティやアーラとまた遊べるよ。
楽しみでしょ?
 「でも、だだがいないもん!」
そんなこと言わないで。
わたし泣いちゃうやん。
 「つばき、おとなになったらにほんにすむの」
そうだね。
おとなになったらね。
国籍を選ばなくちゃいけないからね。
よーく考えるんだよ。

2つの国を行き来して
2つの国の言葉を話し
出会いも別れも2つ分。
大きくなあれ。
大きくなあれ。
自動更新のこの記事がUPされる時間には
オーストラリア行きの飛行機が夜空を飛んでいる頃だろう。
覚えたばかりの「花いちもんんめ」や「おちゃらかホイ」で遊べない国へ帰っていく、6才の女の子の横顔を思い浮かべる。

・・・すぐまた会えるよ。
posted by だだ at 20:53| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

私の背中

姪っ子とトイカメラで写真の撮りっこをした。
 「じょうずにとれた?」
と椿がきくから
 「じょうずだよ。すっごくじょうず」
と答えてやった。
本当に。
すっごく上手にとってくれた。
ちゃあんと顔が写っていない!

ということで、このブログ初の著者近影。

私の背中

わかりにくいけど後ろ姿だ。
手を腰にあて大の字にふんばっている自分の後ろ姿。
私ってこんな背中なんだ、と思った。
考えてみれば自分の背中ってあんまり見たことがない。
背中には生き方が表れるっていうから
この写真には今の私の生き方が写しだされているのだろう。
・・・昨日も上司に反抗的だった私の背中。
世間体はよくないかもしれないけれど
誰に何を言われようともかまわない、
ただ小さな姪っ子に見られても恥ずかしくない背中でありたいと思う。
posted by だだ at 22:16| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

美形

職場に芸能人がきた。
連ドラとかにも出てくるわりと有名な俳優さんで、美形だ!

芸能人が珍しいというほどでもないが
そんなにメジャーな所ではないので、
ウチに来てくれるのはたいていお笑い芸人かスポーツ選手か政治家ときまっている。
私が知る限り、
俳優・M氏は、我が社創設以来初めての美形だといえよう。
従業員一同どんなに喜んだか想像してもらえるだろうか。

正真正銘・本物の美形をひとめ目みたい。
目の保養をして仕事の疲れを癒されたい。
誰もがそう思って待ちこがれていた。

だが。
しかし。
 「遠っ!」
と同僚が呻いた。
芸能人オーラを放ちまくる美形は従業員から半径30メートル以内には近づこうとしなかったのだ。
用事があるときはパシリの若者か女の子を派遣してきた。
荷物もぜーんぶひと任せ。
美形は、箸より重いものは持たないようだ。

そんなわけで、私達に見えたのは
美形の帽子と美形のサングラスと美形の白い歯・・・爽やかな笑顔とともにチラリとこぼれた白い歯。
それだけだった。
 「癒されそこねた」
と同僚がぶうたれた。
 「出し惜しみしやがって〜」
美形は、顔が商売道具だからな。
お金払わんと見せてくれへんのやろ。
posted by だだ at 21:45| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

ご近所の草花(46)

歌いたい。
歌いたい。
この花を見ると、どうしても口をついて出る歌がある。

長実雛罌粟

♪フランス語でコクリコ
 英語でポピー
 中国語では虞美人草

見事にしょーもない歌だな。
だけどしょーもない歌のほうが頭に残るものなのだ。
・・・イタリア語ではPapavero (パパーヴェロ)でしたっけ?

ちなみにこの花は、日本語で「長実雛罌粟(ながみひなげし)」です。
posted by だだ at 21:24| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見上げてみた

凹んで凹んで
へこみすぎて地面にめりこんだから
空みあげてみた。

見上げる.JPG

こんな日は、言葉もうまく出てこないな。
posted by だだ at 17:00| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。