2009年08月31日

我が子キュウリ

私のシークレット・ガーデン、秘密の菜園のキュウリを
本日、収穫しました。

キュウリ!

もぎたてのキュウリをザッと洗って、塩ふってかじる。
 「すんごいおいしい!」
思わず感動の雄叫びを発したら、若いバイト君に言われた。
 「キュウリくらいでそんなに幸せになれたら良いですね」
キュウリくらいで、だと?
私にとっては大事な大事なキュウリなんだぞ。

仕事がキツくてしんどくて
何か楽しいことはないかと探したけど見つからなくて
だからキュウリを植えたのだ。
朝は早めに出勤して水をやり
昼休憩に草ぬきをして
ちっぽけなキュウリが生長していくのを見るのは楽しかった。
豪雨に負けず葉をひろげる姿に励まされ
黄色い花に癒されて、
我が子のように育てたキュウリなのだ。
キュウリのおかげでこの夏は、
 「過労で倒れた」
とか
 「誕生日の夜にバルサンを炊いてカマドウマと戦った」
とか
 「18連勤を走りぬいた」
なんていう『惨めな夏の思い出』だけで終わらないですむのだ。
この夏は、『会社でキュウリを育てた夏』になるのだ。

夏の思い出をありがとう、キュウリ。
おいしいぞ、キュウリ。
バリバリとかじっていたら通りかかった同僚が
 「おいしい?」
うん、おいしいよ!
 「どんな味?」
キュウリの味。
 「そらそうや! トマトの味にはならんやろ」
いや、だって。
味はふつうにキュウリだから。
お日様の味とか夏の味とか感傷的な味はわかんないから私。
・・・だけど、我が子のように可愛がって育てたキュウリなので
我が子を食べているような変な気持ちにちょっとなりました。
posted by だだ at 20:58| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

むむむ!

仕事が忙しかったので、2週間で1.5キロ体重がおちた。
もともと無いムネがまな板みたいにまっ平になった。
次の2週間はヒマだったので、失われた1.5キロが戻ってきた。
戻ってきたのはいいのだが。
戻ってくる場所を、間違えた。
まな板のムネはそのままで
ハラがマタニティと化していた。
なんでそこやねん!
胸から落ちた肉ならば、なぜ胸に戻っていかない?
人体って不思議。

posted by だだ at 19:12| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

絶対トップ

友人が興奮した様子で語りだした。
 「うちのお店にタカラジェンヌが来てん!」
劇場から近い店なので、水曜日にはときどき宝塚の生徒が訪れることを以前から聞いてはいた。
今回はどんな人だった?
 「トップスターだった!」
友人は宝塚ファンではない。
トップスターの顔もしらない。
なのにどうしてトップスターだと分ったの?
 「オーラが違う!」
あ、そう。
どんなオーラ?
 「とにかく普通と違うのよ!
  私と同い年くらいか年上だと思うんだけどね、
  サングラスかけてて服装がスゴくて(以下、ひみつ。)」
・・・そりゃすごい。
どんなけ派手やねん。
たしかに普通の人ではありえないカッコだ。
しかしそれはオーラを放っているというよりも
世間様から浮いている、と言うべきではないだろうか。
 「でしょ?
  だからトップスターよ絶対!」
なぜ、『だから』なのだろう。
 「だだちゃん、ファンなんでしょ?
  名前わからないかなあ?
  背がこうスラーッと高くて、萩原流行に似た人」
誰やねん!
萩原流行似のトップって!
おらんわ、そんなもん。
 「いやーキレイやったわあの人」
さよかい。
そんで、萩原流行に似ててキレイなトップスターは君の店で何をお買い上げになったのん?
 「それがさあ・・・(ひみつ。)」
う。
まあ。
人間だしな。
萩原流行に似ててもタカラジェンヌでもトップスターでも
生身の人間が買うものは同じだしな。
・・・うう。
最後に友人は呟いた。
 「ジェンヌさんは前から時々きてくれはるねんけど・・・
  どうでもいいことやねんけどさあ・・・
  タカラヅカの人って・・・お金を出すのが遅いのよね」
千円札とか。
小銭とか。
数えて出すのが、みんな異常にトロいらしい。
 「夢の世界の人だから、やっぱりゲンナマには疎いのかしら」
さあねえ。
普段はカードばっかりだからじゃないの、と私は適当に答えておいた。


トップかどうかはともかくとして。
萩原流行に似たジェンヌって誰だろう?
それが気になって気になって夜も眠れない。(でも寝る。)
posted by だだ at 20:52| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吾唯足知

「吾ただ足ることを知る。」
自分の今の幸せにもっと気づくべきなのかもしれない。
家があり職があり、家族がいて友人がいる。
飢えていない
貧しくない
怯えていない
震えていない。
欲しいものさえ、べつに無い。

なのになんでこんなに寂しいんだろ。

仕事場の夕暮れ

毎日まいにち。
毎日まいにち。
posted by だだ at 20:14| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

夏休みの宿題・絵日記の書き方

あと数日で8月が終わる。
子供にとっては残り少ない夏休みを楽しむせつない時期だろう。
夏休みの宿題にラストスパートをかける時期でもある。
去年は『読書感想文の書き方』を書いたので
今回は『絵日記の書き方』を考えてみようと思う。

毎日書いてこその日記だが、そんなもん辛気臭いしもう手遅れだ。
過去の天気はインターネットで調べればわかる。
じゃあ、中身は何を書けばいいだろう?

1)グルメ日記
食べたいものを書く。
好きなものを書く。

8月1日 お母さんがハンバーグを作ってくれました。
     おいしかったです
8月2日 お母さんがソウメンをつくってくれました。
     ものたりなかったです
8月3日 今日はカレーでした。シーフードカレーでステキでした

メニューが尽きたらおやつを書いてみる。

8月4日 チョコレートは森永のが好きです。明治はイマイチ
8月5日 アイスクリームもソフトクリームもチョコ味が好きです。
     ソルベは不可

これを30日ぜんぶ書いてしまう。
統一してしまう。
先生に「何だこれは!」と言われたら、グルメ日記だと答えてみる。
食の大切さを考え、晩ご飯のメニューで母の愛を確認する。
世界には飢死する子供もたくさんいるのに
贅沢なおやつを食べられるぼく達は幸せだと実感するために書いたのだと答えてみる。
それでも怒られたら、先生が阿呆なのである。

2)夢日記
欲望とか願望とか、好き勝手なことを書いて
「夢オチ」日記にしてみる。

8月6日 イチロー選手に会いました。
     という、夢を見ました。
     夢の中でもかっこよかったです。
8月7日 松坂投手を励ましにいく夢をみました。
     頑張って復帰するといいなあと思いました
8月8日 新しいDSのソフトを買ってもらう夢をみました。
     正夢にはなりませんでした
8月9日 空を飛ぶ夢をみました。北海道まで飛びました。

先生に「これは何だ!」と言われたら、
想像力を鍛える訓練をしていると答えてみる。
もしくは、毎晩の夢を日記につけることで潜在意識を研究し、
おのれと向き合うのだと答えてみる。
それでも叱られたら、その先生はやっぱり阿呆であると思う。

要は、書くことだ。
 「今日も何もありませんでした」
 「ふつうの一日でした」
だけでは、なんの勉強にもならない。
宿題とはいえ書くことを勉強するチャンスを与えられているのだから
書かなくちゃもったいない。
何を書いているのか。
何を伝えたいのか。
しっかりと把握しつつ書けたなら
それは子供にとって良い勉強になるのではないだろうか。
posted by だだ at 10:42| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

よう間違えるねん

 「耳たぶ」
と言おうとして、ついうっかり
 「耳ブタ」
と言ってしまう。

 「手持ち無沙汰」
と言おうとして、またうっかり
 「手持ちブタさ」
と言ってしまう。

 「あんたヒマ人やね」
と言おうとして、またまたうっかり
 「あんた肥満児やね」
と言ってしまう。

日本語って、おそろしい。

もう秋空

天高く馬肥ゆる秋の到来です。
・・・まだ8月だけど。
posted by だだ at 22:12| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

頑張れ、お母さん

混み合うスーパーで子供が走りまわっていた。
5才くらいの男の子。
母親はレジに並びながらも
 「マサシ、マサシ! じっとしてなさい!
  ほかのひとに迷惑でしょう!」
必死で叱りつけている。

だけどマサシ(仮名)はへっちゃらで、お菓子売り場へ逃走してしまった。
母親がため息をつきながらあとを追おうとした、そのとき。
 「マ〜サ〜シ〜く〜ん!
  ちょっとおいで」
隣のレジに並んでいたおばちゃんが子供を呼んだ。
大きくてよく通る、迫力のある声だった。
周囲の人々がいっせいにおばちゃんを振り返り、それから子供を見た。
躾けに悩む母親にかわり、おばちゃんがビシッと叱ってくれるに違いない。
みんなそう思ったはずだ。
マサシも怯えたように立ちすくんでいる。

おばちゃんは迫力のある声で、言った。

 「マサシくん、こっちおいで。
  おばちゃんがアメちゃん買ったろ」

なんでやねん。
ビシッと怒るん違うんかい。
アメちゃん買うたるんかい。

マサシは尻尾をふってとんできた。
そして見知らぬおばちゃんにアメをもらい、ごきげんでありがとうを言った。
母親はレジの向こうからすみませんすみませんと頭を下げつづけた。

近頃は子供の躾けがなっとらんと言われる。
親がちゃんと叱らないからだと言われる。

私には、わからない。
そうかもしれないし、違うかもしれない。
私は子育てをしたことがないから「近頃の親は、子供は」なんて言う資格がない。
ただ、子供を躾けるのってすごく難しいんだろうなと思う。

妹が言ってた。
香港や台湾では、スーパーや安いレストランくらいなら子供が騒いでも誰も文句を言わないし嫌な顔もしない。
ものすごく子供を可愛がる国でみんなが子供好きだから、
「子供は騒ぐものだ」という認識なのかもしれない。(大人もうるさい国だしな)
逆にオーストラリアでは、子供の言動で親が判断されてしまうから躾が厳しくなるそうだ。
妹に言わせれば日本の親は
 「自分の子には甘いくせに、他人の子の躾にはうるさすぎ」
だそうだ。
叱らなければ躾ができていないと言われ
叱れば虐待だと言われ。
親の顔が見たいという人の親の顔を見てみたい。
・・・ああ、聞いてるだけで大変そう。

マサシをアメで黙らせたおばちゃんは、いたずら坊主の頭をなでながら
 「お母さんを困らせたらアカンよ」
と、こんこんと諭していた。
posted by だだ at 19:12| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ご近所の草花(55)

 「うっわ、不細工やなー」
 「ちょっとキモい」
 「いや、だいぶキモい」
酷いこと言われた。
さんざんに言われた。
ヤマボウシの実のことだ。

ヤマボウシの実

不細工だけど、食べられるんだよ。
キモいけど、美味しいんだよ。
そう言っても誰も信じてくれない。
私がひとつ食べてみせてようやく
 「じゃあ、試してみようかな・・・」
一人がおそるおそる実をとった。
ぶつぶつのある皮をむき、オレンジ色の果肉を口にする。
 「甘い!」
びっくり仰天の声をだした。
 「バナナにちょっと似てる!」
ほら、言ったとおりでしょう?

不細工だけど。
キモいけど。
中身はとっても良い味だ。
自然に生まれたものだから。
外見なんて関係ないよ、ね。
posted by だだ at 19:44| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

映画『アマルフィ 女神の報酬』

ひっさしぶりで映画みた。
今更ですが織田裕二主演の『アマルフィ』。

イタリアでのロケ。
美しい海と遺跡とクリスマス。
大量のエキストラ。
端役にフクヤマ・マサハル。
それらすべてが主役のために存在していた。
織田裕二をカッコよく見せるのに全力投球された映画だった。
のに、佐藤浩市が貫禄の演技ですべてをかっさらっていった(ように私には見えた)。
なんか、可哀想だった。

「か弱いアマミユウキ」も新鮮だ。
昔から健気なキャラではないし、
最近では『BOSS』のイメージが強いためか
雑魚みたいな悪役くらい回し蹴りの一発でぶっとばせそうな気がするのに
今回は「ああっ!」と倒れてしまったりする。
それなりにステキだけど、なんか違う。

ストーリーは呆気にとられるくらいベタだけど
つっこみどころも満載だけど
私は口が悪いんだけど、
美しいイタリアの風景と
美しいサラ・ブライトマンの歌声(歌声限定)と
とっても頑張ってとってもかっこよかった織田裕二のおかげで
結局は楽しい映画でございました。
posted by だだ at 21:45| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

Oh! My…

ドラマ『任侠ヘルパー』を見ている。
内容もだが、インパクトのある挿入歌が好きなのだ。
歌いだしが力強くてかっこいい!
 「Oh!my ××〜!」
英語だから何言ってんのかからない。
オー・マイ、サンだかソンだかソウルだか?
私の耳にはこう聞こえる。
 「オオマエさーん!」
誰だよ、大前さんって。
聞きなおしてみると、こんどは
 「おまえさーん!」
と聞こえる。
おまえさん。
お江戸で亭主を呼んでるみたい。
いや、これは英語だ。
英語の歌なんだ。
「大前さん」でも「おまえさん」でもないはずだ。
もう一回きいてみよう。
・・・・
・・・・
・・・・
 「お前、損!」
・・・。
あかんわ。
「お前、損」って言われた。
しかも出だしから同じフレーズの繰り返しやねん。
 「おーまえ損。お前、損。
  おーまえ損。お前、損」
損、しまくりやな。
もうええわ。
posted by だだ at 21:15| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

誰やねん

先日のお盆のころの話をしよう。

仕事場のトイレ掃除をした時のこと。
山の中にぽつんと建つ屋外トイレだ。
まわりは林。
寂しい場所だ。
そのうえ日も暮れかけている。
そこを一人ぼっちで掃除する。
・・・はずだった。

が。

近くまで行くと人の気配がする。
小窓に影が動いている。
咳がきこえる。
誰かがトイレをつかってる。
仕事の遅いスタッフだろうと、トイレの空くのを待っていた。

なのに、待てどくらせどトイレは空かない。
水の流れる音もしない。
気がつくと、トイレは静かで、人の気配も何もない。
思い切ってノックをするが返事はない。

ノブをまわすと、ドアは開いた。
そこには誰もいなかった。

なぜだ?

私はドアの前で待ちかまえていたから、出てきた人を見逃すわけがない。

じゃあ、私がみた人影は・・・!

まさか

まさか

まさか

まさか!

幽霊がオシッコしてたんか?
posted by だだ at 19:41| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

ご近所の草花(54)

近所のレストランでごはんを食べた、帰り道。
駐車場でフと気がついた。

あれっ、この花は!

ニラ?

この花は!

もしかして!

・・・ニラ?

韮!

もしかして、レストランの人がここで栽培してるとか?
そんでレバニラ炒めのニラが足りなくなってきたら
駐車場でちょいとむしって来るとか?

本当にニラかどうか自信はありませんが、可愛らしい花でございました。
posted by だだ at 22:51| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご近所の草花(53)

お盆が終わり、
ツクツクホーシが青空を連れてきた。
暑っ!

青空とツリガネニンジン

残暑お見舞い申し上げます。

涼しげな鐘

本日の花はツリガネニンジン。
釣り鐘のようにぶらさがる、涼しげな青い花は
 「夏もあともう少しだぞ!」
と告げている。
同じ野原では、ワレモコウが控えめな赤い色を見せ始めた。
posted by だだ at 12:02| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

占いのおばちゃん

近所のショッピングセンターに占いの看板があがっていた。
占いは(信じてないけど)好きなほうだ。
(信じてないけど)みてもらうことにした。

すると。

信じてないけど、
信じてないけど、
信じてないけど、

なんでこんなに当たってるねん!?

私はほとんど喋らなかった。
誘導があるだろうと思い、ハイもイイエも言わなかった。
おばちゃんが一方的にまくしたてただけだ。

なのに。

子供時代のことも若い頃のことも
現在の仕事の状況や環境に至るまでことごとく言い当ててみせた。
なんでおばちゃん知ってんの!?
おばちゃん、実はうちの会社で働いてるんちゃうのん!?
最後には説教まで垂れてくれたけど、
職場の先輩とまったく同じことを言うので驚いた。

占いは技術だ、人をみる力だと思ってたけど
それだけであそこまで見抜けるのなら本当にすごいワザである。

最後に
 「仕事をやめるべきかどうか迷ってるんですけど」
って言ったらおばちゃんは
 「現状維持したほうがいいよ。
  今は辛いけど耐えるのも勉強だと思って。
  12月1月、2月までの辛抱だから」
と答えた。
12月には仕事が減り、2月はシーズンが終わる、変わり目の月だ。
今シーズンいっぱい。
耐えられるだろうか私の体?
いちばん大事なことを、占ってもらうの忘れた。
posted by だだ at 17:46| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休み

お盆、終わった!
お休みだ!
19日ぶりのお休みだ!
ばんざい、生きのびたぞ!

百合

どんなに暑くっても、日差しがきつくっても、平気。
ぜんぜん平気。
だってお休みだもん。
ご近所の猫にも挨拶をしに行ったよ。

夏の日の猫
posted by だだ at 15:54| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

キュウリ

私の秘密の花園。
いや、菜園。
会社の片隅に植えたキュウリの写真を初公開。

秘密の菜園

悲しくなるほど背が低い。
土が悪いし水はけも悪い、しかも豪雨つづきだったから。
「もっと良いところに植え替えれば?」とも言われたけれど
私には、この場所で、この会社の雑草の中で育てることが大事だったから。
梅雨明けと同時に黄色い花を見つけたときは嬉しかった。
心の中がポッと明るくなるような感じだった。

そして今日。
とうとう。
キュウリの実らしきものを発見した。

キュウリっぽい

まあ、あの背丈だからダメかもしれない。
食べられないかもしれない。
それでもいい。
・・・私たちがどんなに仕事を頑張っても無駄な努力にすぎず、実を結ばないかもしれない、
それでもキュウリは実をつけた。
それが嬉しいのだ。

草原の中で

芝生と呼ばれる雑草の中で、私のキュウリは実をつける。
posted by だだ at 20:48| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

同格

6才半になる姪っ子が
 「わたしフィアンセがいるの!」
と自慢した。
誰?
と尋ねると
 「アレックス(級友)とー
  ショウくん(日本人)とー、
  アジャリとサンジ!」
人間:猫=2:2か。
まだ人間は勝てないか。
でも4人は多くない?
 「いいの。
  みーんなと、けっこんするの!」
おお、大胆な発言。
それにしてもアジャリは12歳。
もうおじいさんだよと言うと
 「ええー?
  アジャリは椿のお兄ちゃんだったのに、
  おじいちゃんになっちゃったの?」
不思議そうな声をあげた。
・・・赤ん坊の頃からアジャリを「お兄ちゃんだよ」と仕込んだのは私である。
姪っ子の中で人間と猫が分離する日はくるのだろうか。
posted by だだ at 21:58| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスリートへの質問

若くして夢をつかみ、更なる栄光へと挑もうとしているプロスポーツ選手に質問をしてみた。
 「自分の好きなことを仕事にするってどんな感じですか?」
妙な質問だと思う。
なぜそんなことを口走ったのかよくわからない。
ただ、訊いてみたかった。
訊かずにはいられなかった。
 「楽しいですよ」
すぐに返事がかえってきた。
 「毎日たいへんだけど、すごく楽しいです」
口数のすくない彼女はそれだけ言って微笑んだ。
明るい、美しい微笑みだった。
ありがとうございますと言って去ろうとしたとき、背後から声が追いかけてきた。
 「大丈夫ですか?
  すごくお疲れみたいですけど」
若いが、いい子なのだ。
このあいだもお菓子を差し入れてくれた。
この子の前だけはもっとシャンとしていようと思った。

以前、先輩に言われたことがある。
 「子供が学校で勉強を学ぶように、
  大人は仕事を通して自分を成長させるんだよ。
  だから何よりも自分のために働かなくちゃいけないし、
  自分のためになる仕事じゃないといけないと思う」
若きアスリートは自分のために働き、自分を成長させているまっただなかなのだろう。
・・・私は今の仕事を続けることで、何か成長できるのだろうか。
まだ、よくわからない。
posted by だだ at 19:29| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

戦うお盆

 「絶対に倒れないでシゴトを完遂しよう」
と固く誓ったのが2週間前。
早くも挫折。
夏場はやっぱり、きっついわ。
死んだらどうしてくれんのよ!

くたびれきった顔の同僚に
 「愛想笑い失敗してるで!
  接客業やねんから、ちゃんとせえ!」
と檄をとばしたら、
 「あんたもや!」
と返ってきた。
鏡をみたら、2人とも泥人形みたいな顔になってた。

厳しい夏の戦いも、明日でピークを迎えます。
posted by だだ at 22:08| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

残り、7分の4

私の秘密の花園。
心の癒し。
仕事場でひっそりつくっている、キュウリ。
可愛い可愛いキュウリちゃんが、
7本中3本が枯れてしまった。
このあいだの豪雨で倒れたらしい。
雨の日は仕事が多いから、あんまり面倒をみる時間もなかったし
気がついたら不憫なことになっていた。
野菜が高騰する理由がよくわかった。

夏の夕暮れ

お日様、お日様。
私のキュウリに太陽のめぐみを与えてやってください!
posted by だだ at 20:18| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。