2009年08月10日

核をなすもの

 「私は昔、色白で体の弱い、内気な文学少女だった」
と言ったら同僚は誰も信じてくれなかった。
母親にまで
 「人間、変われば変わるものねえ」
なんて言われてしまった。

おかしいなあ。
昔の私、どこに置いてきたのだろう?

そんなこと考えていたら本が目についた。
近ごろ体がしんどくて、あんまり本を読んでない。
パラパラと頁をめくると歴史小説だった。
 厩戸皇子。
 秦河勝。
 推古天皇。
歴史上の人物の名前が並んでいる。
・・・懐かしい。
旧友に出会ったような懐かしさだ。
学生の頃はずっとこのひとたちの傍にいたのだから。

歴史が好きで。
物語が好きで。
息をするように本を読み、
水をのむように文章を書く。

仕事で鍛えられて外見は変わったかもしれない。
年齢とともにツラの皮も厚くなり、
言動や文章も変わってきたかもしれない。
それでも尚。
変わらぬ私が、そこにいる。
そこに、本という扉をあけたそのむこうに。
posted by だだ at 21:58| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食器洗い機

衝撃的な事件は、昨日の早朝、3時半に起こった。
我が家で。
台所で。
流しの脇で。
ショックのあまり私はしばらく立ち尽くし、言葉も出なかった。
事実と認めたくなかった。
現実でなければ良いと思った。
ようやく口がきけるようになると、私はおもむろに叫んだ。

 「食洗機が壊れとるー!」

我が家の家宝・食器洗い機様が、お壊れになったのだ。
何べんボタンを押してもピーピー鳴るばかりで動かない。
ああ、これから私たちは食洗機なしでどうやって生きていけば良いのか。
同僚に泣きながら相談すると
 「贅沢なこと言ってんと手で洗え!」
一喝された。

この食洗機は数年前に他界したお爺が買ってくれたものだ。
入院するちょっと前。
まだ元気だったお爺。
その冬は母のアカギレがことのほか酷く、見かねたお爺が
 「毎晩、お皿洗うの大変でしょう」
と言って買ってくれたのだ。
おかげで私たちはとても助かり、母のアカギレはほどんど治った。
ありがとうを言うとお爺はにこにこ微笑んで、
 「それはよかったでしゅ」
と言った。

父から娘への思いやりのプレゼント。
お爺の思い出の品。
だからとっても大事なのだ、この食器洗い機は。
電気屋さん、早く直しにきてくれえ!
posted by だだ at 04:08| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

また雨降り

「節水」
の貼紙が中学校の水道のところにあったのを思い出す。
「水は限りある資源です。
大切に使いましょう」
…今年は限りなく雨降ってますが何か?
嫌ってほど水だらけですが何か?

雨、もう当分いらない!
posted by だだ at 04:48| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

日盛りの神社

お寺が好き。
神社が好き。
忙しく暮らしていると、時折ふっと、寺社めぐりに行きたくなる。
鳥居をくぐり、石段をのぼりたくなる。
目をとじて手をあわせたくなる。
仏像の微笑みに会いたくなる。
世の喧騒をはなれた異世界の静けさが恋しくなる。
境内を歩いてるのんきな鳩が羨ましくなる。

日盛りの神社

先月、この写真を撮ったき、私はお賽銭を投げて願い事をした。
願いはまだまだ聞きとどけられないけれど。
『神は自ら助くる者を助く』と言う。
頑張ったら、いつか神様が助けてくれるかなあ。
posted by だだ at 19:44| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

夏と闘え!

近頃、ゴハン行こう、と同僚を誘っても誰ものってこない。
口をそろえて
 「だって食欲がないんだもん」
雨が多くてすっきりしない夏なのに、
夏バテだけはちゃんとくる。
皆さん、夏バテしてますかー?

私は今年の夏バテは終わりました。
もう終わりました。
再発は、許しません。

先週までほとんど食べられなかったのですが
体重が落ちてきたため
 「負けるかオラア!」
肉を口に押し込んで
ぎゅうぎゅうづめに押し込んで
必死こいて飲み込んでみた結果、
だんだん食べられるようになってきました。
夏バテは、気合で治ります。

この忙しさが終わったら。
お盆が終わったら。
北海道までラーメンを食べに行こうと思います(日帰りで)。
posted by だだ at 20:13| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

ついうっかり、関西人魂

『クレ556』という製品がある。
サビ止めの定番だ。



あるとき友人が、このサビ止めを
 「買ってきてー」
と娘に頼んだ。
中学生の娘はホームセンターに出かけていったが、
途方にくれた声で携帯をかけてきた。
 「どうしよう、お母さん。
  見つからへんねん。
  『クレ55』が見つからへん。『55』しかない!」

ああ。
間違えたのだ。
友人は子供におつかいを頼むとき、言い間違えたのだ。
 「『クレ551』買ってきてー」
と。
あとで彼女は必死になって弁解をした。

 「だって! だってねえ!
  『55』ときたら、誰でも『551』って思うでしょ!?」

それは、肉まんや。
アイスキャンデーや。
551は蓬莱や。
556がサビ止めや。

「551のあるときー!」「ないときー!」
のCMを刷り込まれて育った人間は時折、
妙なところで関西人魂を炸裂させるのであった。
posted by だだ at 21:25| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

旅行記ってスゴイ!

最近、旅行記を読むようになった。
バックパッカーの聖書と呼ばれた本から初めて、
自転車旅行記とか読んで今やっと3冊目くらい。
まだまだ旅行記初心者だ。
初心者だから、聞いていい?

Q: 旅行記を書く人は、なんでみんなそんなに細かいこと覚えてるの?

たとえば、
あの日は何時ごろ起きたけどけだるくて起きにくく
安宿のカーテンがぱたぱた音をたててたとか、
窓の外でどんな物音がしていたとか。
どんなことを考えながら朝ゴハンに何を食べたとか。
ノンフィクションは詳細さが命、なんだろうけれど。
私なんて、よほど印象的だった事柄ならともかく、
昨日の朝ゴハンすら思い出せないよ。

Q: 私の記憶力が弱すぎるのですか?

私だって旅をすれば日記をつける。
小遣い帳もつける。
後日まとめて文章に書く。
だけどそのメモに書いてないことはびっくりするほど忘れちゃう!
旅先では次から次へと様々な事件が起こるから
細かいできごとはすぐに薄れてしまうのだ。

昔は今のようにどこででもインターネットにつなげる時代ではなかった。
何年にもわたる旅を続け、荷物を失ったりしている人が
どうやったらそんな細かいことを覚えていられるのか不思議でならない。
しかもそれを帰国直後に書いたかといえばそうじゃない。
人によっては2年3年、10年たってから文章にまとめたとか。
10年前の朝メシを覚えているなんて。
脅威の記憶術である。

すばらしい旅行記を書ける人っていうのは
すばらしい頭脳のの持ち主なのだろう。
ちなみに
posted by だだ at 20:29| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

太陽、今日こそ顔だした♪

山で、ウサギが跳ねていた。
ゴハン探しに大忙しなのだろうか。
何匹もぴょんぴょん跳ねていた。
大きなウサギも小さなウサギも
ぬいぐるみみたいな子ウサギも。
お尻をふって跳ねていた。
嬉しそうに跳ねていた。
私もいっしょにとび跳ねたかった。

ばんざい!
梅雨が終わったぞ!
もう雨や霧と戦わなくていいんだ!

洗濯物を外に干せる喜び。
キュウリの葉っぱも元気に広がる。

待ち焦がれた夏がやってきた。(すぐに夏バテするけどな)
posted by だだ at 20:47| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

遠くのあの子

オーストラリアに住む姪っ子が電話をかけてきた。
家のことや学校のことや
いろんな話を聞いていたら、猫が、わりこんできた。
サンジが椅子によじのぼって
私の肩ごしに受話器を覗きこんでいる。
・・・あんたも話したいの?
受話器を猫に近づけ、
 「サンジとおしゃべりしてやって」
と姪っ子に頼んだ。
 「サンジそこにいるの?
  なにやってるの?
  さーんーじー!」
子供の嬉しそうな声に、猫はのどを鳴らして応えた。
そして受話器に頭をスリスリとこすりつけた。
まるで大親友の足にそうするみたいに。
「サンジ喜んでるよ。
 また電話してやってね」
と私は電話を切った。
友達の声が聞こえなくなって、猫はしばらくきょとんとしていた。
・・・たまには動画のメッセンジャーでもやろうかなあ。

大親友
posted by だだ at 21:57| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

ご近所の草花(52)

ナツノタムラソウ

今日のお花は、ナツノタムラソウ。
よく似た花の、アキノタムラソウのほうがなんとなく有名。
名前の由来は不明らしいが。
 夏の田村草。
 秋の田村草。
・・・誰だよ、田村って?
やっぱり坂上田村麻呂か?
それとも麒麟の田村か?
いや、正和か。
正和だな。
本日8月1日は、田村正和の誕生日だもんな(マジです)。
ということで、この花は、正和さんの花ってことで。
posted by だだ at 19:00| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月になりました

皆様、おひさしぶりです。
日付が変わって今日から8月。
桔梗の花も満開です。

桔梗

先月はしくじったので、今月は
 「倒れない」
を目標に掲げたいと思います。
疲れてようが
熱が出ようが
眩暈がしようが
走りすぎてゲーゲー吐こうが、
倒れない。
倒れずに仕事を完遂する。
(倒れない程度に手を抜くということだ)

友達は口をそろえて
 「そんな仕事、体こわす前に辞めた方がいいよ」
と言う。
うん、まあ、ひどい会社だ。
蟹工船みたいだ。
きっといつか潰される。
心身ともに潰されて、使い捨てにされる。ポイって。
・・・歴代の前任者と同じように。

だけど私は逃げたくない。
仕事からではなく
会社からではなく
仲間の前から、逃げたくない。

今までこんなにケンカしたことなかった。
今までこんなに泣いたことなかった。
こんなに怒ったことも、こんなに笑ったこともなかった。
こんなに一生懸命に生きたことなかった。

いつまでもつかは分らないけれど
支えてくれる仲間と
育ててくれた前任者に感謝して
一日いちにちを大切に
できるかぎり笑顔で働きたいと思う。
posted by だだ at 00:00| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。