2009年12月31日

卒業した

年末の定番で
 「2009年、どんな年だった?」
と質問をされたら
 「仕事してた」
という答えしか出ない。

走った。
走った。
むちゃくちゃ走った。
指示を受け、指示を出し、遂行しながらまた走る。

たくさん泣いた。
たくさん怒った。
たくさんたくさんケンカをした。
ほんとは、あんなこと、言いたくなかったのに。

心身ともに壊してしまって酷い年だったと思う。
だけど最高に密度の濃い1年だったとも思う。
たぶん一生懸命になりすぎただけで。
まわりの人に恵まれて、
たくさんの人からたくさんのことを教わった。
そして最後に、私はやりたいことを見つけた。

・・・そんな仕事場に、きょう、さよならしてきた。
会社はともかく、すばらしい山だった。

この山のことは何でも知ってる。
こがね色の太陽がのぼってくるところも
オレンジ色の夕焼けも
星屑でうめつくされた夜空も

朝、ホオジロがさえずる木も
アカモズのお気に入りの枝も
夕方になるとエナガが群れる林も
アカショウビンの鳴き声が響きわたる空も

リスが運動会をひらく森も
子ウサギがとびだしてくる藪も
鹿のつくった獣道も
食べられる木の実がいつ、どこに生るのかも
ウルシが生えてる危険地帯も
イバラがつくる白い城壁も
リンドウが青く輝くひみつの園も
彩のすばらしい紅葉がみられるスポットも

いちばん最後まで雪の残る斜面も
一年中、風のやまない頂上も
おもしろいほどこだまが返ってくる谷も。

最後の

いっぱいのありがとうを繰り返して、私は、この山から卒業した。
posted by だだ at 19:20| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

トンネルの出口

exit.jpg

あとちょっと。
もうひとふんばり。
2009年。
posted by だだ at 23:10| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

大人になれない

知人から本を頂いたのでさっそく読もうとしていると
母が横から
 「もうこれ以上、ならなくてよろしい!」
と言った。
本のタイトルは『大人げない大人になれ!』(成毛真 著)だ。

・・・まあ。たしかになあ。
でも、大人げない、のと
大人になれない、のは別物だと思ったりする。

悪魔の巣みたいな自分の部屋を掃除していたら、だいぶ古い地層から『自由研究ノート』を発掘した。
小学校1年か2年のときの夏休みの宿題だ。
タイトルは『山の研究』となっている。
この山にはどんな植物が生えているか。
川がどんなふうに流れているか。
そして山の自然がどんなに美しいか。
幼い文章と写真とでいっしょうけんめい表したものだった。
写真と文章。
それはつまり。
今やってることと、おんなじだ。
ブログか、自由研究ノートか、というだけで。
書いてることはおんなじなのだ。
何十年も経ったのに。
私は7才の頃からなんにも変わっていない。
ぜんぜん大人になれてない。
やりたいことは、昔から、たったひとつで変わらない。
posted by だだ at 18:42| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

おおそうじ

年末にちゃんと家にいるなんて何年ぶりだろう?
大掃除がんばるぞー!
まずは照明の傘とカーテンを洗うことからはじめて、
台所の換気扇まわり、窓拭き、お風呂の徹底そうじ。
などと計画していたら
 「まずは自分の部屋からでしょ」
と母が言った。

・・・あれから6時間。
いまだ私の部屋はかたづかない、どころか寝る場所すら確保できていない。
悪魔が一家族くらい棲んでそうな風情だ。
片付ければ片付けるほど散らかるなんて、呪われているとしか思えないではないか。
ここいらで切り上げなければ、きっとホコリで窒息してしまうだろう。
安全のためだ。
命が大事だ。
もう諦めようと思う。
しかし…今夜どこで寝よう。
posted by だだ at 18:14| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

注意してください

いったい、何に注意すればいいのだろうか、この看板。

注意してください

車に注意?
バイクに注意?
猛犬?
それとも変なおじさん?

事故に注意?
ケガに注意?
振り込め詐欺にも注意?
もしかしてお金のつかいすぎにまで注意?

男に騙されないよう注意?
宗教に引っかからないなよう注意?
ああ、政治家の嘘に惑わされないよう注意!

この季節だから新型インフルエンザに注意?
鳥インフルエンザに注意?
それともまさか、髄膜炎に注意かー?

いろいろ想像してみましたが。
皆さん、好きなだけ注意してください。
posted by だだ at 14:53| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

大劇場

久しぶりに訪れた夢のお城の門は今、固くとざされているけれど。

宝塚大劇場

いつか、たどりつくところ。
いつか、帰ってゆくところ。

・・・いつか、また。

それまで潰れんなよ!
posted by だだ at 22:06| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

メリー・クリスマス

留守番電話に姪っ子からのメッセージが入っていた。
ペラペラしゃべるバイリンガル児童のくせに、どうして英語で言ってくれないんだろう?
 「めりい、くりすまーす!}

ミニバラ

いま幸せな人も。
これから幸せになる人も。
ハッピー・ハッピー・クリスマス。
posted by だだ at 21:00| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

金キラ親子

私は子育てをしたことがない。
だから「いまどきの親は」「いまどきの子は」という言葉は絶対に口にしないことにしている。
何の経験もない人間にそんなこと言う資格はないと思うからだ。

しかし。
バスの中でものすごい親子に出会ってしまった。

可愛い顔をした4才くらいの男児。
なかなかにオシャレさんのようだ。
髪の毛が金きらキンである。
母親のほうは全身が金きらキンである。
車内を元気いっぱいに走り回る息子を、母はこんなふうに叱りつけた。

 「座っとれ言うとんのがわからんのかボケぇ!」

ボケと言われたら4才児だって黙ってはいられない。

子 「死ねやクソババア!」
母 「くぉら、誰にむかってクソババ言うとんじゃ!」
子 「離せぇー、離さんかゴルァ!」
母 「じゃかあしい、黙らんかあ!」

いったいどこの組のモンだ君たちは。
壮絶な巻き舌でくりひろげられる親子バトルにしばし見惚れてしまった。
すごい4才児もあったものである。

その後、電車の切符売り場でもその親子を見かけた。
息子はこんどは大人しく、ひとりでミカンを食べていた。
ミカンの皮を。
ちぎっては投げ。
ちぎっては投げ。
歩いたあとに橙色の皮がぽいぽいと捨てられていく。
だが母親はそれを見ていながら叱ろうともしない。
 「はやく歩き!
  ばあちゃんが待ってるで!」
見れば、向こうに『ばあちゃん』が。
金きらキンのばあちゃんが。
道端で暇そうにミカンを食べていた。
ミカンの皮を、ちぎっては投げ。
ちぎっては投げ。
ぽいぽい捨てつつ食べていた。

男の子のひいおばあちゃんが生きていたとしたら、
やっぱり金きらキンの服を着て
ミカンの皮をぽいぽい捨てて歩く人なんだろう。
おそろしい巻き舌で子供とケンカをするんだろう。
ひいひいばあちゃんもそうだっただろう。
親から子へ。孫へ。
伝えられてしまったのだろう。
ひとの迷惑になると、誰にも教わらないままに。
怖がられ、避けられるだけで育ってしまったのかもしれない。
それは彼らがだけが悪いのじゃないと思うし、不幸なことだと思う。

しかし巻き舌の親子ケンカをよく聞いてみると、言葉づかいはともかく内容はとてもまともだった。
母は息子を大人しくさせようと必死だったのだ。
それに息子に対する愛情が、言動のはしばしに表れていた。
おばあちゃんなんて孫を目に入れても痛くないという様子だった。
あれはあれで良い家族なのだろう。
・・・ただ、すごく怖くて、ハタ迷惑なだけで。

気がついたら金キラ三世代は人ごみの中に消えていた。
しょうがないから、ミカンの皮だけ拾って帰った。
posted by だだ at 16:28| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

走りそびれた

今日もジョギングに行きましょう。
と思ったら、止められました。
看護婦さんに止められました。
 「今日は一日安静にしててくださいっ!」
いや、病気ではなく。
予防接種を受けたのです。
旅行用の。(詳しくはたびねこで)

イッキに3本も射ったのだが、たくさん打つひとは珍しいみたいで
看護士さんに
 「なんでアフリカに行くんですか」
と訊かれた。
それで
 「会社でいろいろあったんで一番遠いトコに行きたいと思いました」
変なところを正直に答えたら
 「ああ・・・!
  わかりますその気持ち・・・。
  ボクも遠いトコ行きたいです!」
切実な口調でかえってきた。
ためいきまじりでかえってきた。
看護師さんも大変なのだなあと思った。
posted by だだ at 22:17| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

走ってきた

宣言どおり、ジョギングしてきました。
まだ朝まだき。
雪のちらちら舞う道に、高校生の通学自転車のあとが走ってました。

寒いー!
けど、気持ちイイー!

雪の朝

私はこの道、走っていくよ。
無駄でもいいから走っていくよ。
のぼったり くだったり
へこんだり ガタついたりしながら
真っ直ぐまっすぐ伸びていく。
それがわたしの道だから。
posted by だだ at 11:15| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

走りはじめる

ぐうたら
ぐうたら
ぐうたらしてた。
仕事やめたら、すること何にもないんだもん。

のんびりお風呂につかったり
M−1をみて笑いころげたり
ポテトチップス一袋たいらげたり
雪見だいふく一箱たいらげたり
リンツのチョコレートを(以下略)

太ってく。
ああ、太ってく!
みごとに1日1キロペース。
1週間で7キロ。
10日で10キロ。
1ヶ月で31キロかー!
来月には体重が倍になる計算。
なんて恐ろしい。
おののいていたら、母がニッコリ笑ってこう言った。
 「大丈夫!
  旅行にいったらゼッタイに痩せるんだから。
  今のうちに蓄えとき」
下痢で死にかけたことないからそんな気楽に言えるのであろう。

そこで。
明日から、ジョギングを始めようと思います。
トイデジ持って走ります。
走った証に、なんか撮る。

今PCの前で「私も運動不足なんだよねー」と思ったそこの貴方!
貴方もいっしょに走りましょう。(ふつうの人はそんな暇ないか)
がんばるぞー!
posted by だだ at 22:01| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

ありがとうと

先日、おおっぴらに愚痴をぶちまけたあと
たくさんの方からメールやコメントを頂きました。
このあいだお会いした方からも
むちゃくちゃ懐かしい方からも
ずっと見守っててくださった方からも。
優しい、優しい、痛いほど優しい言葉に
またいっぱい泣きました。
忍耐のない私が弱い心に抱えきれなくなったものを
受け止めてくれる方がこんなにたくさんいるのだと、
甘えん坊の私を赦してくださる方がこんなにたくさんいるのだと。
その有難さに泣けました。

いっぱいいっぱい、ありがとうと言わせてください。

なんの花だろな?

・・・さあ、旅の準備を始めます。
posted by だだ at 21:40| サイトのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

猫のひげ

猫とふたりで屋根にのぼった。
いっしょに空を見上げてた。
ひげの向こうに雲が浮かんでた。

猫のひげ

屋根のうえは野原と同じ風が吹いている。
建物にぶつかったり遮られたりせずに
青空からそのまま吹き降ろしてくる風だ。
風に運ばれ、雪を積んだ雲がずんずんずんずんやってくる。
サンジのひげがぴくぴく動いて
ひとつクシャンとくしゃみした。

屋根の上のサンジ

・・・ソーラー発電のぴかぴかパネルがちょっと邪魔。
posted by だだ at 00:05| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ダメになっちゃった

あと少し。
あともう2週間だったのに。
ついに私は潰れてしまった。

なんて私は弱いんだろう。
なんでこんなに弱いんだろう。
体も心も弱虫で
情けなくって
みんなに申し訳なくって
ぜんぶ自業自得なんだと
ビービー泣いていたら友達からメールがきた。

 「たった一度の人生だから、ワガママになっていいんだよ。」

そんな言葉にまた泣いた。


posted by だだ at 11:58| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

無題

久しぶりに宝塚歌劇の話題を。
ここ半年ほど遠ざかっているのだけれども
彩吹真央さんが退めるとネットで知った。
頑張って頑張ってここまできて
・・・まあ、何かあったんだろうなと思う。

彩吹さんはけして強烈なパンチをくりだすタイプではない。
たとえば春の夕暮れのように
あたたかくて
そして哀しくて
しみじみと記憶に残るひとだ。
その歌声は大岩を打ち砕くことはできないとしても
岩に染み入り、いつまでもいつまでも
細く流れつづけてゆくだろう。
このさき何十年かたって
頭が忘れてしまっても
きっと心臓が思い出すだろう。
そんな歌を歌うひとだ。

年上のひとに言われた。
 「生きるって苦しいことだ。
  結局、苦しいだけなんだ」
そんなことない。
そんなことないよ。
哀しみも切なさもやりきれなさも
慰めてくれる彩吹さんの歌を、
今夜は聴こう。
まっすぐな瞳を思い浮かべながら。
posted by だだ at 23:28| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

すみれ色の空

つかのま、晴れた。
冬らしい乾燥しきった青空だ。
あんまり気持ちがよかったので、草のうえで寝そべってみた。

太陽がまぶしくて目をつぶる。
口だけひらくと、お日様が口のなかまで入ってきてあたたかった。
大地が背中を抱きしめる。
遠くの梢で風のざわめきがきこえる。

ふたたび目をあけたとき、空の青さが目に染みた。
あまりにも青くてほとんどすみれ色にちかい。
広い所に寝そべると、空よりほかはなんにも見えない。
からだ一つで空に漂う。
まるで鳥になったみたいに。
すみれ色の空にすいこまれてゆく。
ぐんぐん。
ぐんぐん。

世界はこんなにきれいなのに、私は文句を言っている。
いつまでも愚痴をこぼしてる。
posted by だだ at 19:46| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪ようこそ日本へ

姪っ子の名前が『椿』なのだと話したら、ある人が

 「『椿三十朗』とか苗字の『椿さん』はよくいるから、
  そういう人と結婚したら、姪っ子さんは
  『椿椿』
  になっちゃうねー!」

・・・そうですね。
日本人と結婚する確率は低いけどね。
posted by だだ at 18:23| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

あとちょっと

冬はキライだ。
一日が短くって困る。
すぐに暗くなって困る。
日の出前に仕事をはじめたはずなのに、
気がついたらもう日が沈んでいた。
いつの間に?
一日って早いな!
なんて思いながら、真っ暗闇のなかで仕事をしていたのだが
気がついたら寝ていた。
なぜか植え込みに突っ込んで寝ていた。
・・・いつの間に!?
コケたのか気絶したのか自分でもわかんない。暗すぎて。
体中に小枝が刺さってた。
葉っぱだらけになって帰ってきたら、仕事が遅いと叱られた。
・・・いやあ、ちょっとツツジと戯れていたもので。

 「あと少しの辛抱ですよ」
真っ暗闇のなかでバイト君がこっそり言った。
彼もまた今季かぎりで仕事を辞める。
 「あとちょっとで東京だ」
と若者が呟き
 「あとちょっとでケープタウンだ」
と私が返す。
遠い遠い、遠いところまで行ってやるんだ。
誰にも追いつけないように。
posted by だだ at 21:10| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

レイトン教授と頭脳パン

どうでも
どうでも
ホントにどうでもいいことなんだけどねー!

買ったの!
食べたの!
頭脳パン!

頭脳パン
(ニンテンドーDSのゲーム『レイトン教授シリーズ』とリンクした菓子パン。レイトン知らない人ごめん)

私はレイトン教授LOVEなのです。
だけど美味しくなかったの。
ぜんぜん美味しくなかったの。

こんなん食べて頭よくなるわけないやろうがー!

キムタクのドラマ『MR.BRAIN』とリンクした『脳トレパン』はかなり美味しかったんだけどなあ。
これがトレンディドラマとゲームとの差なのだろうか。
「子供騙し」と思われているのか。
・・・というより、山崎パンとフジパンの実力の差か・・・。
posted by だだ at 20:26| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

いまどきの文房具

ポメラを手に入れた。
クリスマスプレゼントにおねだりしちゃった。



ポメラは、モノクロ5インチのディスプレイとキーボードだけの小さな道具。
外見は小型PCみたいだが、機能は書くだけ。
文章を書くだけ。
無線LANもワンセグもカメラも何もついてない。
キャッチフレーズは
 「パソコン? いいえ、メモ帳です」
早い話がワープロである。
ただものすごく小さくて畳めば手のひらに載る。
どこにでも持っていけるのだ。
そう、たぶん、旅にでも。
次の旅にはポメラを持って、いつもと違う文章が書けたらと願う。
posted by だだ at 21:15| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。