2008年07月30日

金縛り体験

草木も眠る丑三つ時。
息苦しくて眠りから覚めた。

目が覚めたら、
・・・私の上に、何かがいた。
何かはわからない。
重い。
苦しい。
息ができない。
 「誰か助けて!」
と呼ぼうにも
・・・動けない・・・

 「金縛りは気合で解け!」
といつも母が言っていることを思い出し、
思いきって目を開くと。
暗闇の中、こんな感じのが見えた。

(再現図)
暗闇のなかで

んぎゃー!

お、おまえは!

サンジかー!

寝てる。

・・・私の顔の上で眠るのは、よせ。
窒息するかと思った。
posted by だだ at 22:10| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。