2008年09月18日

あきはくるのか

梨に葡萄、秋刀魚に栗にさつまいも。
秋の味覚満開の今日この頃ですが。

宝塚歌劇にハマってから20年以上、毎月欠かさず大劇場に通っている。
そう話したら、友達がさも感心したように
 「すごいなあ。飽きへんの?」
と言った。
 「飽きるよ!」
と私は断言した。

何回『ベルばら』を観たと思う?
何回『エリザ』を観たと思う?
何人のさよならの楽を見送ってきたと思う?
もう飽き飽きだよ!

 「だけど観るんや」
と友達は笑った。

だって。
舞台は毎回、違うものだし。
どんどん世代交代しているし。
どんどん違う作品がうまれてくるし。
どんどん劇団は変わっていくし。
私の観劇スタイルだって、どんどん変わってきているし。

 「そういうのは『飽きてない』って言うんや」
友達はカラカラと笑った。

・・・いつになったら来るんやろ、飽き。
posted by だだ at 23:56| 宝塚? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。