2008年09月25日

ご近所の草花(34)

秋の七草オミナエシ(女郎花)。
は、見つけられなかったので、オトコエシ(男郎花)。

オトコエシ

「女心と秋の空」
という言葉は、元は「男心」だったのだと聞いた。
女も。
男も。
人の心は、秋の空のようにうつろいやすい。
この世のすべてのものと同じように流れ動いてゆくものだ。
けれどすべてがうつろいゆくなかで、ただ一つだけ、
変わらないでいられるものがあるとしたら、
それも人の心だと思うのだ。
たとえ表面上はまるで変わってしまったように見えようとも。
どんなに時が経とうとも。

変わりやすい秋の空は、明日は雨の予報だそうで。
・・・大雨が降ってシゴトが休みになればいいのになあ・・・。
posted by だだ at 22:52| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。