2008年11月29日

古いパスポート

パスポートの有効期限が切れた。
役所へ申請しにいくと、古いパスポートは使用済みの印をつけられて返される。
VOID
 「VOID」
ヴォイド。
なんとなくゴミみたいな響き。

命の次に大切な。
大事な大事なパスポート。
ビザ欄には各国イミグレのスタンプやビザシールが貼られ
さながら私の旅行暦を刻んだアルバムのようだ。
数えてみたら「帰国」のスタンプが18個あった。
私はこのパスポートを携え、
18回の旅をして、
23ヶ国をまわっていた。

このパスポートもいろんな経験を積んでいる。
ウズベキスタンの長距離バスに乗った時は、乗り合わせたウズベク人たちに珍しがられて
 「ほう、これが日本のマークかい!」
 「このスタンプはどこの国だね?」
という調子で乗客の手から手へとまわされて1時間くらい戻ってこなかった。
ネパールで検問にあったときは、軍人の汚い手で掴まれて汚れた。
ニセ警官に捕まってパスポートを奪われそうになったこともあった。
モロッコの空港警察でも、なんだかんだといちゃもんをつけられて、最後はパスポートを叩きつけられて返された。

なんだかなあ。
思い出してみればいろいろあったもんだ。
旅行記に書けないようなコワイことも、実は何度かあったんだ。
だから。
それでも帰ってこれたから。
何があっても帰ってこれたから。
今も、これから先も
 「なんとかなる。なんとかできる」
と信じることができる。
期限の切れたパスポートと18個の「帰国」スタンプは、
肝っ玉の小さい私が10年かけてちょびっとだけ成長した証であり
みんなに助けてもらって帰ってこられた、幸運の証なのだ。
posted by だだ at 20:22| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。