2008年12月22日

「アリアケ」のハヤシライス

もう終わってしまったけれど、
TVドラマ『流星の絆』には、ハヤシライスがよく出てくる。
死んだ親父がつくってくれたハヤシライス。
主人公が思い出の味を再現したハヤシライス。
妹が食べて思わず泣いちゃったハヤシライス。
レシピを手に入れるために犯罪が起きても不思議じゃないほど、
それはそれはおいしいハヤシライスなのだ。

で。
このドラマの最終回を見ながら食べようと、
わざわざ購入したのが、コレ。
『流星の絆ハヤシライス』

流星の絆 ハヤシライス

・・・ただのレトルトだが。

ドラマにリンクさせながら食べてみよう。
ビデオを流して涙も流して、
テレビ画面にくいつきながらスプーンを持つ。
主演の二宮くんの顔を眺めながら、
物語に引き込まれながら、
そして伝説の『アリアケ』の味にちょっとドキドキ、ワクワクしながら
一口。

このとき期待されるリアクションとしては

1)「父ちゃんのハヤシライスだ・・・!」と感動してみる。
2)「マズッ!」と激怒してみる。

1か2のどちらかなのだが、
私の口から出てきた言葉は

3)「ふっつー」

普通だった。
普通すぎておもしろくなかった。
普通すぎてリアクションできなかった。

 「こんな味じゃ、オチ、つかへんやん!」

妙に腹立たしかった。
そばで母が
 「ハヤシライスにオチはいらない」
と冷たい目をしていた。
posted by だだ at 14:52| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。