2008年12月22日

映画『K-20 怪人二十面相・伝』

映画みてきた。
『K-20 怪人二十面相・伝』
お話、楽しかった!
金城武、カッコよかった!
アクション、爽快だった!
うむ!
文句なし!
・・・だけど、仲村トオルだけは、
今は何をやっても『チーム・バチスタの栄光』の白鳥さんにしか見えなかった。
TVドラマの呪縛である。
あちらももうじき最終回。
posted by だだ at 22:11| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。