2009年01月31日

病院で読む本

妹がちょっくら入院したため、
久しぶりに病院にお泊りする夜が続きました。
病院のソファに横になっていると、数年前、
お爺の付添いでずっと泊り込んでいた頃を思い出します。
夜の病院が怖くて怖くてこのブログで救いを求めたのでしたっけ。
たくさんの方から励ましのメールを頂いて嬉しかったです。

あの時に比べると、今回の付添いはすごく楽ちん!
夜は眠れるし!
本を読む時間もいっぱいある。

前回は、島田洋七の『佐賀のがばいばあちゃん』に救われたものです。
今回は、さあ、何を読もう?
やっぱり定番はホラーだろうか。
夜の病院でホラーを読む、なんて
コワいもの好きにはたまらない環境ではないか。
そこで見つけたのが
 『ほんとにあった怖い話(戦慄の病院怪談特集!)
・・・コワすぎて読む自信がないからやめた。

お爺も意識がはっきりしている間はよく本を読んでいたっけ。
そう、たとえば、こんな本を。
 『いい医者・いい病院の見分け方
・・・これを入院中に読むなんて、また違った意味で勇気がいりそうだ。

そういえば、読みかけの本があることを思い出した。
ドラマの原作でおもしろそうだったから借りたんだ。
 『チーム・バチスタの栄光
そして、その続編の
 『ナイチンゲールの沈黙(上)
・・・どれも病院で読むには、微妙。
でもすごくおもしろいです。
3冊目の『ジェネラル・ルージュの凱旋』も買っちゃおうっかなあ。
posted by だだ at 21:48| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。