2009年03月10日

おもちゃはどこだ?

猫のサンジはただいま1才。
おもちゃをいっぱい持っている。
「キリンさん」とか「ネズミさん」とか。
どれも長いヒモになった、いわゆる猫じゃらしだ。

主に父が買ってくる。

けれど、いざおもちゃで遊んでやろうとすると、なぜか見つからない。
「キリンさん」も「ネズミさん」も見つからない。
どこだ?
どこだ?
キリンさんどこに行ったー?
TVの裏にもソファの下にもない。
サンジも一緒になってきょろきょろと探しているが見つからない。

やがて帰宅した父に
 「サンジの『キリンさん』が見つからない」
と訴えると!
父はにんまり微笑んだ。
 「俺が隠してるねん」
・・・えっ?
 「サンジに盗られるのが嫌やから隠してるねん」
・・・ええっ?
だってあれ、サンジのおもちゃでしょ?
なんで隠すの!?
すると父は
 「違うもん!
  あれ、俺のんやもん」
と言う。
本気で言う。
 「サンジには貸してやって、遊んでやってるだけや」
そして戸棚のてっぺんに隠してあった『キリンさん』を取り出すと
 「ほらっ!
  ここだぞ、サンジ!」
と、遊びはじめた。
待ちに待ったおもちゃに飛びつくサンジ。
じゃれて、噛みつき、父の手から『キリンさん』を奪い取った。
 「こら、サンジ!
  それは俺のだ!
  持っていくなーーーー!」

父・トシオ。
今年で還暦。
猫と対等に遊べる男。

 
posted by だだ at 19:47| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。