2009年03月11日

空と雲と

しんどくなったら空をみよう。
空をみあげれば、
世界が大きく大きくどこまでも広がっていることがわかるし
空からみれば、
自分の悩みなど小さな小さなものだと思うことができるから。

しんどくなったら空をみよう。
首が痛くなるまで空をみよう。

空と雲との対話

「雲は空の言葉」だという。
私にも、空の言葉が読めたらいいな。
posted by だだ at 20:25| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。