2009年03月30日

救急車ー!

お客様がケガをしたと連絡が入った。
 「足を捻挫したので手をかしてほしい」
了解!
捻挫にはサロンパスだな!
私はエアーサロンパスを握り締め、
緊急用の赤い車をぶっとばしてお客様のところに駆けつけた。
 「捻挫のお客様はどこですかー?」

いっぱつで見つかった。
足首がとんちんかんな方を向いちゃってる人がいたからだ。

以下、私の頭の中。
 「誰や、捻挫したて言うたんは!
  どう見ても折れてるやないかい!
  サロンパス意味ないやないかい!
  きゃー誰か救急車ー!
  って、私かよ!(そのための緊急車両)」

骨折みるの初めてだし、
お客さんの顔色が真っ青になってて痛そうだし、
私はとっても動揺して、動揺して、
動揺しすぎてボーッと立ってるあいだに応急処置とかぜんぶ終わってた。
そのあとで本物の救急車が病院に連れていってくれた。
我に返ってから、何もできなかった自分を殴りたくなったが
 「素人がへた手を出すもんじゃないよ」
と看護婦の友達に言われた。
・・・ああ怖かったー。
posted by だだ at 18:31| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。