2009年04月09日

燕来る

仕事場に巣をかけていたツバメが、帰ってきた。
南の国から帰ってきた。
おかえり!
って出迎えたら、1羽だけだった。
・・・ひとりぼっちか。奥さんいないのか。
町中と違い、山にはあんまりツバメはいないものだ。
・・・おまえも町へ下りろよ。都会のほうが結婚率高いよ。
軽く説得とかしてみたが、ツバメが聞き入れるはずもなく。
ツバメは一生懸命お嫁さん探しの歌を歌っていた。
一人ぼっちの山の中。
その姿は寂しげで、ちょっと哀れだった。

ところが先日。
頭上をスイスイ飛んでいくツバメを見てびっくりした。
ツバメは、2羽になっていた!
お嫁さんが見つかったのだ!
・・・おめでとう!
嬉しかった。
安心した。
たかがツバメのことなのに。
2羽が仲良く並んで止まっているのを見ると嬉しかった。
もう寂しくないねって思った。
そして、
・・・またフン掃除か。
ちょっと、悲しかった。
posted by だだ at 23:09| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。