2009年05月16日

大きくなあれ

先月オーストラリアからやって来た2人の姪っ子たち。
たった一ヶ月間の滞在だったが子供の成長は早いものだ。
ハイハイでやって来た赤ん坊の梅は、
日本にいる間に歩けるようなってしまった。

歩きはじめ

この子はこの足で、
これからさまざまな場所へ行き
さまざまな人に出会い
さまざまなことを経験するのだろう。
大地をふみしめる小さな足の第一歩。

6才の椿はランドセルしょって小学校へ通い、新しい友達もできた。
とび箱が跳べるようになった。
給食当番も経験した。
むちゃくちゃ楽しかったらしい。
それだから椿は、明日はオーストラリアに帰るんだよと言っても
 「帰りたくない」
と大人を困らせる。
でも、パパが待ってるよ。
大好きなアレックスやブロンティやアーラとまた遊べるよ。
楽しみでしょ?
 「でも、だだがいないもん!」
そんなこと言わないで。
わたし泣いちゃうやん。
 「つばき、おとなになったらにほんにすむの」
そうだね。
おとなになったらね。
国籍を選ばなくちゃいけないからね。
よーく考えるんだよ。

2つの国を行き来して
2つの国の言葉を話し
出会いも別れも2つ分。
大きくなあれ。
大きくなあれ。
自動更新のこの記事がUPされる時間には
オーストラリア行きの飛行機が夜空を飛んでいる頃だろう。
覚えたばかりの「花いちもんんめ」や「おちゃらかホイ」で遊べない国へ帰っていく、6才の女の子の横顔を思い浮かべる。

・・・すぐまた会えるよ。
posted by だだ at 20:53| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。