2009年05月26日

カメラをもつ理由

子どもの頃からよく
 「何を見てるの?」
と声をかけられる。
しょっちゅう何かをぼーっと見つめているからだと思う。
雀の巣とか、カマキリの卵とか。
雲の形とか、知らない花だとか。
雨が残していった水滴のかたちにはいつも目を奪われてしまう。

みずたまのアップ

大人になってから声をかけられる確率は高くなった。
いい年をした大人が一つ所をぼーっと見ていると余計に変なのだろう。
うまくならないカメラを持ち歩き続けるのは、とりあえず
 「撮ってるんで」
というポーズで返事をしておきたいからかもしれない。
posted by だだ at 17:52| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。