2009年07月02日

秘密の花園

 「草を抜け」
と言われた。
 「雑草だから。邪魔だから」
アンタのほうがもっと邪魔や!
この世に、阿呆な上司ほど迷惑なものは無い。

「ほぼ嫌がらせ」の草抜きを終えると
そこにキュウリを植えてみた。
草を抜けとは言われたけれど
キュウリを植えるなとは言われなかったから。

種を撒きながら、ルーマ・ゴッデンの『ラヴジョイの庭』という物語を思い出した。
不幸な境遇にありながらも誇りを保ちつづけ必死でつっぱって生きている少女が
 「何かほんものがほしい」
と願う物語だ。
 「ほんものの庭がほしい」
ささやかなキュウリ畑は私にとっての「ほんものの庭」。
いや、上司どころか仲間達すら気づかないだろうから
むしろガーネットの『秘密の花園』かもしれない。

よーし、明日はトマトも植えてみよう。
posted by だだ at 19:39| シゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。