2009年09月13日

空に立つ木

 「きれいごとを言うな!」
よくつかわれる言葉だ。
子供の頃は清く正しく美しく生きろと教えられていたのに
厳しい社会でてみれば、それはただの『きれいごと』だで済まされる。

人間には欲があり
親切には裏があり
世界は嘘でみちている。
嘘の言葉でみちている。
だから理想を唱えれば「きれいごと」だと笑われるのだろう。

理想ときれいごととは違う。
世の中はそんなに美しいものではないと
わかっているからこそ、せめて
上をむいた気持ちだけは大事に残しておきたいのだ。

 「大人になれ。」
これもよく使われる言葉だ。
大人になることが諦めることならば
私は一生、大人になれないかもしれない。

本日の空

風の中に立つ樹のように。
強く強く、枝を張れたら。
posted by だだ at 18:50| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。