2009年10月26日

ご近所の草花(60)

あるとき野に咲く花を見た人が
 「どうしてこんな花になったんだろう」
と呟くのを聞いた。
たしかに花の形って、よく見ればかなり個性的だ。
花びらのない花があり、形を偽る花があり、
昆虫を食べてしまう草まで存在する。
なるべく生き延びられるように
なるべく子孫をふやせるように
花たちは工夫をこらして形を変えてきたのだろう。
自然の力がもたらした進化だ。

コウヤボウキ
(花火のようなコウヤボウキ)

私の変化は、進化だろうか、それとも?
posted by だだ at 20:40| ご近所の草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。