2009年11月05日

闇の風景

夜がだんだん長くなる。
朝がだんだん遅くなる。

このあいだまでは綺麗な朝焼けを眺めながら出勤していたのに。
今では6時をまわるまで日が昇らない。
曇り空の日、出勤して車を降りたら、思わず歌ってしまったよ。

 ♪ 闇が広がる
   人は何も見えない

たしかになんにも見えねーよ。
真っ暗闇が広がるばかり。

駐車場から通用口まで、いつもは懐中電灯で照らして行くのだが
この日は持っていなかった。
闇の中をあるくと鹿や猪にひかれる危険があるので(本当)
お月様が雲間から姿をあらわすのをじっと待っていた。

闇の風景
(月光にうかぶ木を撮ってみた。見えるかな?)

闇があるから光がみえる。
月光をあびながらひとり歩くのは、私も山の動物になったような、闇夜に解き放たれたような、いい気持ちだった。
posted by だだ at 07:39| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。