2010年01月25日

ただいまを言うところ

半年ほど宝塚の舞台を観ていなかった。
いや、観られなかった。
でもいつかきっと帰る。
ずっとそう思っていた。
やっと願いが叶った。

ちょっと観ないまに宝塚も変わっていた。
若者が育ち
スターが花ひらき
やがていなくなる。
生まれては去るさだめにしたがい、
流れゆく川の水のように宝塚も変わってゆく。

私も変わってゆくのだろう。
昔ほどの熱はない。
むちゃくちゃ観たいわけじゃない。
たぶん観なくても大丈夫。
でも、やっぱり、宝塚は「帰るところ」なのだ。
「ただいま」を言うところなのだ。
幼い頃からずっとここで遊んできた。
ふるさとみたいなものだから。
空とぶ鳥をながめるように。
野原で花を探すように。
そんな気持ちで舞台を観たい。
友達とぎゃあぎゃあ騒ぎながら。
宝塚は、私のだいじな遊び場だ。

大劇場の影
posted by だだ at 17:00| 私の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。