2010年01月24日

財布を替えたら

ちょっと前のこと。
友達と遊びに出かけました。
五十肩がまだ少し痛かったので
荷物をなるべく減らしました。
財布も、普段はつかわない、小さなものにかえて出かけました。

で。
 「ひさしぶり!」
友達に会い。
 「ランチ行こうか!」
出かけたまでは良いものの。
念のため財布をのぞいてびっくりしました。
びっくりするくらい、お金が入ってなかったのです。
 「35円!」
友達に聞こえないよう心の中で叫びました。
 「なんだこの小銭!」
3500とか350ではありません。
ただの35円。
硬貨4枚。
かなり悲惨な状況です。
悲惨すぎて笑いが止まりません。
友達にお金を借りたらいつ返せるかわかりませんから、
私はとっさに携帯電話をにぎりしめ
 「ちょっとトイレに」
と駆け込みました。
そして、近所にいる従妹に電話で助けを求めました。
 「お金入れ忘れた!貸して!」
従妹もいっしょに笑ってくれました。
持つべきものは、近所の従妹です。

そのあとで
 「虎年の春に財布を替えると縁起がいいらしいよ」
と教わったけど、私はやめておこうと思いました。
posted by だだ at 23:00| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。