2010年07月09日

学校ごっこ

小2の姪っ子が「学校ごっこ」にハマっている。
誰もかまってくれないときの一人遊びで
先生と生徒の両方を自分でやる。
自分で出席をとり
自分で返事をして
なかなか寂しい遊びである。

 「おはようございます。
  いまから『朝の会』をはじめます。
  しせいを正しましょう。
  しゅっせきを、とります。
  つばきさん! ・・・はい、元気です。
  サンジさん!
  サンジさーん!おへんじは?」

うん?
サンジ?

フライパンから目をあげると
椿のとなりに猫のサンジがちょこなんと座り
神妙な顔で出席をうけていた。

 「きょうの、日直は、サンジさんです」

日直に指名されたサンジは
 「わかりました」
というように目をつぶった。
サンジは給食当番もやらされた。
水着をわすれた人(猫も)はプールは見学でもいいそうだ。
最後は気分がわるくなって「ほけんしつ」へ連れて行かれた。
猫なりに『学校ごっこ』が嬉しいのか
ずっと椿の相手をしていた。

椿は3週間だけ日本の学校に通い、
来週またオーストラリアへ帰っていく。
学校が大好きで
友達が大好きで
どんなに体調がわるくても絶対に
 「休みたい」
と言わないのは
他の子供よりたくさんの、そして長距離の
出会いと別れをくりかえしているせいかもしれない。
posted by だだ at 22:41| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。