2010年07月23日

映画2本

生まれて初めて、一日2本も映画みた。

1本目はジブリの『借りぐらしのアリエッティ』。
原作はイギリスの話なのだが
舞台を日本に移している。
登場人物も日本人、だと思う。
なのに、小人の名前はアリエッティ。
生活スタイルも英国風。
いったい何語で話してるんだ?

2本目は『踊る大捜査線3』。
楽しみにしてた『踊る』シリーズ。
なのにぜんぜん、踊ってなかった。

はっきり言って、トシとった。
青島も。
室井さんも。
真下くんも。
あの小泉今日子でさえ、トシとったなあって思った。
・・・シリーズ開始から13年だもんなあ。
それだけ私もトシとったってことだ。
新作なのに新作じゃないような
ただただ昔を、いかりや長介を懐かしんでいるような
そんな映画でございました。。
劇中に出てきた「和久ノート」はぜひ書籍化してほしいです。
posted by だだ at 01:31| 本と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。