2010年09月26日

小さなサンジ

チビ猫のサンジはもう2歳半になる立派な大人だが
相変らずチビ猫のままだ。
アジャリと並べるとまるで親子。
体重が倍くらい違う。

体格差
(左:サンジ3.6キロ 右:アジャリ6.4キロ)

サンジは昔からカリカリのキャットフードしか食べない。
肉や魚は猫の食べるものじゃないと思っている。
獣医さんはそれをヘルシー志向だと褒め、大きさも
 「中の小くらい」
と評してまこれであまあ普通だと言う。

しかし、食欲がある=生命力がある、と信じる我が家では
 「スリムな生き物は長生きしない」
という伝説があって
細身のサンジの将来を母と私は心配しているわけだ。

そのうえ、ただの親バカだが、サンジは可愛い。
今までで一番性格が良い。
噛んだりひっかいたりしない。
大きな声でなくこともない。
ひたすらに甘えん坊で、抱っこが大好きで
ずっとごろごろ喉をならせて
ずっとベタベタしてくる猫だ。
いつまでも赤ちゃんのような猫なのだ。
だが美人薄命、
憎まれっ子が憚るのが世の常だから
なんとなく儚い感じのサンジの将来が、
やっぱり心配で心配で心配で、
心配のあまり旅を切り上げて帰ってきちゃったくらいなのだが。
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
冷静に考えてみれば
サンジが小さいんじゃなくて
アジャリが大きすぎるだけかもしれない。
posted by だだ at 22:58| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。