2007年12月21日

クリスマス・ツリー

クリスマスがなんだ!
イヴの夜がなんだ!
聖夜がどうした!
独り者には夜風が冷たく、ちょっと嫌味な季節である。

所要で訪れた病院でもクリスマス・ツリーを見かけた。
柊の枝に赤や金のオーナメントがぶらさがっているだけの、
ささやかで平凡なクリスマス・ツリー。
だけどツリーの上には
 「クリスマス・ミニ・コンサート!」
という張り紙が。
ちょうどコンサートが終わった後らしかった。
それを見て思った。
・・・私はとんだ贅沢者だと。

世の中はいろいろたいへんで、
たいへんな中でクリスマスを過ごす人が大勢いる。
病院のベッドで病気と闘いながら、
ベッドの脇で看病をしながら、
寒い戸外で仕事をしながら、
たった一人でパソコンに向かいながら、
飢えを耐え忍びながら、
怒りや妬みや苦しみに苛まれながら、
悲しみのなかで途方にくれて佇みながら。

深くとおい夜の底まで、星の光が、ツリーの灯りが、届きますように。
posted by だだ at 20:55| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。