2008年02月16日

歌合戦

隣の犬は、良い犬だ。
顔はあんまり迫力ないけど、

鼻だけジャイアン

自分の家だけでなく、うちに来るお客さんにまで吠えてくれる。
仕事熱心な番犬なのだ。

今日の昼間も、元気に吠えてた。
 「わんわんわんわんわん!」
誰か来たようだ。
インタホンが鳴り、
 「はい」
と応答するが、犬の鳴き声はモニタにまで割り込んでくる。

 「あのう(わんわんわんわん!)
  ですが(わんわんわんわん!)
  をお持ちし(わんわんわんわん!)」

ぜんぜん聞き取れない。
相手も自分の声すらよく聞こえないらしく、必死で叫んでいる様子だった。

 「(わんわんわん!)さん!
  ハンコを(わんわんわんわん!)
  ねがいし(にゃー)」

にゃー?
にゃーってなんだ?

玄関を開けると、宅急便のお兄さんが途方にくれていた。
 「あの・・・猫ちゃんが吠えて・・・」
 「にゃー」
うちの猫が吠えていた。

といっても、不審者を威嚇しているのでも、
犬とケンカをしているのでもない。
それは、赤ちゃんの椿が悪さをしたときに叱るときの声だった。
吠え立てる犬に向かって
 「あんたうるさいよ」
と叱りつけているらしい。
 「わんわんわんわん」
 「にゃー」
 「わんわんわんわん」
 「にゃー」
 「あんたらウルサイねん!」
そう怒鳴った私の声が、実は一番うるさかったかもしれない。
・・・ご近所の皆さんごめんなさい。
posted by だだ at 23:35| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。