2008年03月01日

近代音楽の父

子供の頃、母が通販で絵を買った。
 「ピアノの部屋に飾る絵よ!」
と嬉しそうに言って。
 「これで本格的に音楽室らしくなるでしょう?」
・・・音楽室とは名ばかりの、台所の隣の4畳間だ。
ピアノを置いたらいっぱいいっぱい。
台所へ行くには身体を細くしないと通れないような、そんな小さな部屋の壁にたくさんの絵を貼っていったっけ。
忘れもしない。
『クラシック作曲家シリーズ』。
絵を貼りながら母が名前を教えてくれた。
これはベートーベン。ジャジャジャジャーン!の曲をつくった人。
このひとはモーツァルト。天才なのよ。
黒い服の人がドビュッシー。
これはハイドン、シューベルト、リスト、それから
 「すごく偉い人。音楽の父よ」
ヨハン・セバスチャン・バッハ。


バッハの顔は、こう。
バッハは偉い。
バッハは凄い。
・・・小さい頃にすりこまれた記憶。



それなのに。
この記事!


ただのいかついオッサンやん!

顔じたいは絵と似てると思う。
でも、あんまりじゃないか?
この正面写真。
この髪の毛の薄さ。
奥さんに
 「あなた、ゴロゴロしてるんなら犬の散歩に行ってきてちょうだい。
  お風呂掃除も頼むわね」
とか言われてる停年男みたいな悲しげな眼差し。

あああ、私の大バッハが!
posted by だだ at 21:53| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。