2007年10月30日

秋の遠足 in 宝塚市

昨日。10月29日のこと。
友達3人と遠足に行きました。
宝塚大劇場から中山寺まで歩きました。
阪急電車の3駅分。
もちろん、徒歩で。

道なんか知らない。
どこにあるのか詳しく知らない。
でもまあ、行けるだろ。宝塚だから。

 「この道はイヤ。空気悪いもん」
 「こっちはおもしろくなさそう」
 「もっと知らない道、歩いてみようよ」

かなり適当にぐいぐい歩いていくと住宅地に突入しちゃって

 『この先、行き止まり』
 『行き止まり』
 『行き止まり!!!』

行き止まりに100回くらいぶつかりました。
あのへん、どんなけ行き止まりだらけなん!
無理に抜けたら家庭菜園に出ちゃったり。
道ばたにスミレを見つけたり。

あきのすみれさん

道ばたの犬にナメられたり。

犬さん

ようやく着いた中山寺。
道路標識では
 『 Nakayamadera Temple 』
中山寺テンプル。
って、ちょっとくどくない?

中山寺

このお寺、高台に見晴らしのいいベンチがありまして。
 「ここ気持ちがいいね!」
と見下ろしたら、すぐ下に墓地が広がってました。
・・・お寺だもんな。
お墓とダイエーと、大劇場横のタワーマンションを見下ろせるベンチでひとやすみ。
ゆっくりと腰をおろして宝塚ファンの毒舌大会をくりひろげました。

楽しい時は飛ぶように去り。
気がつけばもう帰る時間です。
早めに場所取りしなきゃいけないんです。
でも
 「せっかくここまできたんだから売布神社にも寄っていきたい!」
ということで。
駆け足で売布神社へ向かいます。
・・・うわ、すげー階段。

売布神社

だけどあんまり時間もないし、
 「のぼるぞ!
  走るぞ!
  ついて来い!」
率先して駆け上がりました。
だだだだっしゅだー!
どうだー!
・・・気がつけば、誰もいない。
友達2人ははるか下からゆっくり歩いてくるところでした。

すごくテンションの高い遠足でした。
私もまだ若い!
若いんだ!
若いに違いない!
きっと若い!
だから、ハイテンションで暴走しすぎて、
出待ちの本番ではヨレヨレになってて、
号外を奪い合うふぁんくらぶさんに体当たりくらって腰痛寸前、
なんて・・・なかったことに。
posted by だだ at 22:28| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

旅の効能

昨日、世界遺産の番組でモロッコのマラケシュをやっていた。
二月前に訪れたマラケシュの町。
そんな昔の話じゃないのに、もう懐かしかった。
ジャマ・エル・フナが懐かしかった。
夕暮れのクトゥビアが懐かしかった。

ここの景色を知っている。
ここの空気を知っている。

私が仕事で腹を立てているそのときに、地球の反対側ではベルベルの音楽が流れているだろう。
私がPCに向かっている今この瞬間も、オレンジジュースの屋台では愛想のいいおじさんがぬれた手でコップを出しているだろう。
私がどんなにつまんない気分でいる時でも、ジャマ・エル・フナでは祭りが続いてるだろう。
そう思い出すとなんだか嬉しくなる。
心の奥が熱くなる。
思い出とは、ちょっと違うモノ。
自分の足が、踏みしめている大地が、広い広い世界とつながっていることを実感として知っている。
おんなじ地球の上にある。
・・・些細なことが嫌になる時に、そんなことを思い出すのだ。

動かない足でリズムをとっていた可愛いおじいちゃんは元気でいるだろうか。
posted by だだ at 23:32| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

家族旅行

妹と姪っ子と3人で香川県へ行ってきました。
讃岐というと、やっぱり、

ぶっかけうどん 「山下」 うどんとか、
うどん 「宮武」 うどんとか、
カレーうどん 「権平」 うどんとか、

・・・うどん太りとか。

うどん屋を何軒か巡って、妹などは
 「引き返してもう一度食べたいくらい美味しかった!」
と言う店もあったのだけれど。
私には、

・・・どの店もぜんぶ美味しかった。

ということで、今回印象に残った第一位は、うどんではなくパプリカ・ソフトクリーム。
田園広がるのどかな国道沿いの、「ふれあい市場」という微笑ましい市場の片隅で売っていたにもかかわらず。
何だなんだ、この衝撃的な味は!
パプリカってこんな味だっけ?
濃いすぎるパプリカソフトのインパクト勝ちでございました。

食べまくった腹ごなしに、金比羅詣で。
長い長い階段で有名なこんぴらさんです。
さぞやいい運動になるだろうと、思っていたのですが。
案外、たいしたことがない。
階段より姪っ子の相手をしているほうがずっと大変だったから。

走る!
跳ねる!
とびまわる!
一瞬たりともじっとしない!
こんぴらさんの階段を踏破した直後にこの体力。
 「おまえは不死身かー!」
なんて言っていたのに、車に乗ったら、すとんと熟睡。
子供って、羨ましい。

赤信号で振り返れば、すやすやと安楽そうな椿の寝顔。
それを見て思い出した。
私も小さいころ車の後部座席でよく眠ったものだった。
家族旅行の帰りみち。
長いドライブに退屈していたら、助手席の母が振り向いて
 「寝ていなさい」
と言うのだ。
家に着いても目が覚めないでいたら、誰かが抱っこでベッドまで運んでくれるのだ。
安心して、居心地よくて。
幸せだったなあ。

懐かしんでいたら、椿がパッチリ目を開いて
 「まだつかないの?
  シートベルトはずしたいんだけどぉー」
また生意気な口をききはじめた。
・・・寝てなさい!
posted by だだ at 22:33| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

讃岐に来ました

四国に来ました。
讃岐うどんと、うどんアイスクリームと、パプリカアイスクリームを食べました。
今夜の宿はこんぴらさんの参道沿い。
今からご飯にいってきます!
posted by だだ at 19:00| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

サファリパーク

 「椿が日本にいるうちに」
と、従妹2人と妹母子と、合計5人で行ってきました。
姫路セントラルパークへ。

自分の車でそのままサファリ。
入っていきなり、チーターが!

チーター

  
写真が多いので、続きはこちら
posted by だだ at 23:31| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懐かしい顏

02-04-07_1237.jpgファミリーランド生まれのホワイトタイガーに会ってきました。
写真はハルカです。
posted by だだ at 12:43| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

香港

友達と香港に行って、ただいま帰国しました。

にくまん

たった4日間でしたが、
夜景をみて、お買い物して、美味しいものをいっぱい食べて、
ついでに食あたりに倒れるというフルコース!
たった4日でしかも香港でお腹こわしたなんて聞いたことないよ。
さすがだな私!
・・・などと己に感心している場合ではございません。
旅に出るたび吐いたり下痢したり熱をだしたり、
これはもはや外国に対する拒否反応なのでございましょう。
同行の友人には多大な迷惑をかけてしまいました。
夜の夜中に
 「ポカリスエット買ってきて〜」
と泣いて頼んでみたりとか。
幸い一晩で快復したのですが。

明日からはきっちり宝塚モードに戻ります。
また行くぞ、黒蜥蜴!
posted by だだ at 20:20| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

やってしまったわ

香港で食中りなんて聞いたことないゾ…
モロッコでは平気だったのにだらしない…
posted by だだ at 10:40| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

戦う貧乏人

香港二日目です。
安いツアーなんで怒涛の土産屋めぐり。
買え買え攻撃に一日中さらされております。
戦え、私!
posted by だだ at 18:10| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

あ、忘れてた

22-02-07_1006.jpgちょっと香港いってきます
posted by だだ at 10:13| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

すべてこれからなんだ

時差ボケは旅を重ねるほどに酷くなる。
なぜだ?

変な時間にウトウトしていたら、玄関チャイムの音で叩きおこされた。
 「宅急便でーす」
跳ねおきていって荷物を受け取る。

帰ってきた!
帰ってきたのだ、私の荷物!

ドバイで行方不明になっていた荷物、機内預けのバックパックが
一日遅れで関空に到着したのである。
荷物の中にはお土産類をぜんぶ詰め込んでいたから見つかって本当に嬉しかった。
もちろん、マラケシュで買った砂漠の薔薇も無事に帰還!

砂漠の薔薇

これを買うためにわざわざマラケシュまで行ったのだ。(名古屋万博でも売ってたけどな)
明智先生にも今週中にはお会いできそうだし、
終わりよければ全てヨシだ!

・・・でも、これから。
すべてこれからなんだ。

これから旅行記を書いていきますので、「たびねこブログ」もどうぞよろしくです。
posted by だだ at 21:43| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

やっと帰国しました

カサブランカを出てから3日、とうとう大阪に帰りつきました。!
日本語が通じる大阪、
ボケたらつっこんでもらえる大阪、
ああ素晴らしき大阪!

…と、喜びも束の間。
機内預けの荷物が紛失の浮きめに。一人旅用のバックパックを機内預けになんか、滅多にしないことなのですが。
台湾のバイオリンに引き続き、マラケシュで買った砂漠の薔薇を失ってしまいました。
でも、嘆いても仕方がありません。
私は元気で帰ってきて、日記帳もカメラも無事なのです。
服や土産が失われても、思い出はちゃんと持って帰ってこれたのです。
これから家に向かいます。「ただいま」を言いに。
posted by だだ at 17:45| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと一歩

やっとドバイの出発ゲートまでたどり着きました。
よぶんに長かった帰り道もあと一歩!

ドバイは今回訪れた3国の中でもずばぬけて豊かな国のようです。
空港になんと無料のインターネットサービスが!
石油の力ってすごい。かも。
今度は絶対日本に帰るぞ!
posted by だだ at 06:10| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

ドバイの夕暮れ

結局ドバイで一泊です。
ああ前売りなんて買うもんじゃない。
などと嘆きながらもシティでショッピング。
今日もリンツを買いました。
posted by だだ at 22:50| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えらいことに

カイロからドバイで乗り継ぎの予定でしたが、コンディションが悪いとかでアブダビ空港に降りてしまいました。
乗り継ぎ便に間に合わない!
下手したら今夜はドバイで一泊かも。
それは、つまり、花の初日が観れないということだ!
うわーん!明智せんせーい!飛行機とばしてー!
posted by だだ at 06:42| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

誘惑に負けて

カイロまで帰ってきました。
懐かしいピラミッド。
懐かしいスフィンクス。
誘惑と空腹に負けてスフィンクスが見つめるケンタッキーに入ってしまいました。
スフィンクスが見つめていようがなんだろうがただのケンタでした。
posted by だだ at 18:24| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

星空の音楽

ベルベルの音楽を聴きました。
ベルベル人の兄ちゃんたちが、私だけのために演奏してくれました。
音楽というより「音」と呼んだほうがいいような、
それはそれは素朴な楽器と歌声の響きでしたが
頭上に星空がひろがっていくような
きらめく星が見えるような
そんな錯覚を覚えるすばらしい響きでした。
たぶん一生忘れられない音でした。

旅も残すところあと数日。
今夜はマラケシュ、明日はカサブランカ、そして明後日はカイロへと向かい、
カイロからドバイを経由して大阪へ。
私は、長い長い、長い帰り道をたどりはじめたわけです。

そういえば先日ハルノスミレさんの夢をみました。
旅は終わってほしくないけど、明智小五郎には早く会いたい、
複雑な今日この頃です。
posted by だだ at 03:49| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

紅のマラケシュ

ついに来ました。
マラケシュです。
 「モロッコってどこ?
  シャウエン?メクネス?
  聞いたことないぞ」
ってな方でも、ここを覗いて下さる方の中には
 「ああ、マラケシュね!」
と思って下さる方も多いのでは?
そう、あのマラケシュです。
マラケシュ。
紅の。
豚。
じゃなくて。
『紅の墓標』。
砂漠の薔薇も売ってました。
怪しいおっさんが売ってました。
リュドヴィークは、今のところいないようです。
posted by だだ at 01:40| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

メクネスに来ました

山間の町はものすごく綺麗でしたが、ものすごく寒かったので下りてきました。

昨夜はスペインに近いタンジェという港町に泊まり、
スペイン人のおじいちゃんの家でおいしい朝ごはんをご馳走になりました。
人生最高においしいサラミに出会いました。

今日と明日はメクネスです。
日本でいうなら京都くらいの古都でしょうか。

すっかり風邪をひいてしまったので、奮発して豪華ホテルに宿をとってみました。
体と心を休めるために。
・・・いつぶっ倒れてもいいように。
なんと!
三ツ星ホテル!
なんと!
モロッコで初めてエレベーターを見た!
なんと!
トイレットペーパーがついている!
なんと!
暖房もついている!
もう、感動の嵐。
あまりの豪華っぷりに
 「カード使えます?」
と確認してから泊まってみた。
日本円にして3500円、B席一回分の値段だけれど、
一人旅でこんな宿に泊まるのは実際初めてなのです。
今夜はたっぷり洗濯をします。
posted by だだ at 03:31| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

寒い!

朝起きたら、目の前の山が雪をかぶっておりました。
昼間もがんがん雪が降りました。
もはや観光とかやってる場合じゃないくらい、寒い。
しかも安宿には暖房がナイ。

・・・寒い・・・。

やばいくらい、寒い。

このままだとちょっと死ぬかもしれません。
ソフトな表現をするなら、風邪?
次の町ではもちょっとハイクラスな宿に泊まろうと思います。

posted by だだ at 01:43| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。