2010年07月18日

日本晴れ

春過ぎて
夏来たるらし
白妙の
布団干したる
今朝の我が家よ

布団を干して
シーツも干して
お待ちどうさま、梅雨あけた!

快晴の空をみあげて、青空ってサイコーだねえと言ったら
友達がこんなことを言った。

 「でも、あんたが見てきた外国の空のほうがもっと綺麗でしょう?
  日本の空なんて・・・」

なんのこっちゃ、と思った。
そして、日本人らしい、とも思った。

アフリカの空もきれいだった。
マルタ島の空もきれいだった。
だけど、日本の空だって、けっして負けてはいないのに。

青といっても いろいろな色の青があり
空といっても いろいろな顔の空がる。
その美しさを競うことは
文化の優劣をきめるのと同じくらいに愚かしい。

謙虚が美徳といわれるが
日本人ってただのマゾなんじゃないかと思うことが時々ある。
「日本なんて」
というヤツ。

中国をみならって国造りをしたせいか
明治の文明開化のせいか
それとも20世紀の戦争のせいか
欧米諸国への憧れから
私達は、自国が外国より劣っていると
思い込んでいるような気がする。
もちろん教育や環境問題や少子化対策や、
見習うべき点はたくさんあるし
過去の歴史は正直に見つめなければならない。
でも、だからといって
卑屈になってはいけないと思うのだ。
自然だって文化だってすばらしい国なのだから。

だから私達は
青空くらいもっと自信をもってもいいと思うのだ。
日本の空は、美しい。
posted by だだ at 00:42| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

どうでもいいねんけど

ドラッグストアにて。
キティちゃんを見つけた。

パックしてるキティちゃん。

パックキティ

パックをはがしたら、ごっそり毛が抜けるだろうなって思った。

うちの猫たちはパックはやりませんが
ガムテープをぺたぺたやってヨゴレをとっています。
posted by だだ at 19:26| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

髪、切った

髪を切った。
美容師をやってる同級生に切ってもらった。
念願のボウズ頭!

・・・は、断念した。

太陽アレルギーがあるから地肌をさらすとかぶれるし、
あんまり珍妙だと入国審査で怪しまれる確率が上がるからだ。
仕方なく「ボウズじゃない程度に刈って!」と頼んだ。

高校時代からずっとロングだった。
短くするのは初めてだ。
バサリ。
バサリ。
髪が切りおとされていく。
自分の中のいらない部分、古い部分が切りおとされていく。
気持ちがいい。
 「これ以上やるとメンズになっちゃうよ?」
 「いいいからどんどん切って!もっと切って!」
気がつけば。
ちょっと可愛いめのモンチッチ。
髪の毛ひとつでここまで変わるのか。

帰るとき首が寒かった。
すごく変な感じだ。
髪の重さがなくなって、バランスがとりにくい。
首がグラグラする。
となりの犬には吠えられた。
私だと分らなかったようだ。

家の鏡でしげしげと眺めた。
・・・これが私だ。
そう思った。
余分なものを切り捨てて、私だけが、残った。
posted by だだ at 16:29| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

飛行機に乗ったら

明日やればいい、と思っていた「明日」がどんどん少なくなってゆく。
旅行の前は忙しい。
荷造りもしなくちゃいけないし
旅用のブログの準備も必要だし
友達に会わなくちゃいけないし
美味しいもの食べとかないといけないし
宝塚も観なくちゃいけない。
部屋の中と頭の中がぐっちょぐちょだ。

まあ、どんなに準備をしていても
どんなに情報を集めていても
簡単にひっくり返されちゃうのが旅だから。
きっと飛行機に乗ったら落ち着くだろう。

明後日。
飛行機に乗ったら。
やることは決めている。
去年の自分と向かいあうこと、だ。

仕事を辞めてから1ヶ月半の間、
去年のことはあんまり思い出さないようにしてきた。
思い出そうとすると体のどこかが痛かった。
まるで失恋したみたいに。

体が壊れた。心が壊れた。
そんなのは言い訳だ。
私は私を許せない。
私は仕事から逃げ出し現実から逃げ出して旅に出る。
そんな自覚をもっている。

ただ、逃げっぱなしじゃいけないから
嵐のような去年1年のあいだに起こったことを
ちゃんと思い出して書いておく。
ぜんぶ文章にしておく。
それが自分へのけじめであり、
旅にでるための最後の支度になるだろう。
posted by だだ at 17:32| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

雪のなごり

きのう、雪が降った。
今年はじめての雪だった。
ほんのわずかにつもってはとけた。
淡いはかない雪だった。

やんじゃったなあ、と晴れた空をみあげたら
モクレンの芽のふわふわに雪がくっついてた。
まるで手放したくないみたいに。

モクレンの芽

うーん、なんか関係ないけど、雪組を観たくなってきたぞ!

ところで、明日のシーサーのメンテナンス、延期になったそうです・・・逆に心配。
posted by だだ at 19:31| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

旅立ちまであと1週間

宅急便が届いたので何だろうと思っていたら
思いがけないひとからのプレゼントだった。
添えられた手紙に「もうすぐ旅立ちだから」と書いてあった。
「気をつけて」って。
久しぶりにみる名前にすごく嬉しくなって、ほっこりして
すぐに母とお茶を入れてお菓子をたべた。

インターネットというのは不思議なもので
1度しかお会いしたことのない方や
お顔すら知らない方や
メールだけのやりとりの方も多いのだけれど
お付き合いは何年も続いていて。
私は本当にたくさんの方から励ましてもらってる。
たくさんの方に力をもらい、教えてもらい、
助けられ、生かしてもらっている。
どうやってご恩返しすればいいか分らないほどに。
 「そりゃあ、いいもん書くしかないね」
母がラスクをかじりながら言う。
旅をして
元気で帰って
文章を書いて。
私の見てきたものをちょっとでも伝えられたら。
それが少しでも恩返しになるのなら。

13日に髪を切り
14日の朝、出発します。
シンガポールで3日間の旧正月を楽しんだあと
アフリカ着は18日。
最短で2週間。
最長で6ヶ月。
目的地は、行けるところまで。
そんな感じで頑張ってきます。
posted by だだ at 21:12| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

今。Twitter

数日前から始めた「Twitter」。
フォローしてくださった方々ありがとうございます。
未だに扱いきれなくて
コメントに気づかず多々、返信しそびれたり、しているわけですが。
やっと少し楽しみ方がわかってきた。ような気がします。

「ツイッター」は140文字以内の言葉を書くところ。
文章ではなく。
短い呟き。
ひとりごと。
それに対して仲間が返信してくれればチャットみたいになる。
コミュニケーションツールとしても楽しい。

ツイッターを開ければ『今どうしてる?』という言葉が迎えてくれる。
今。
今なにをして
今なにを考えて
今なにを思うのか。

この世には会ったこともない何十億の人がいて
みんなに同じように時が流れている。
今この瞬間に、生まれる命もあり去り行く命もあり
喜んでいる人もいれば悲しんでいる人もいる。
話したいことがいっぱいある人もいれば
寂しくて話を聞きたい人もいる。
起きたばかりの人、
おいしいケーキを食べた人、
遊んでる人、
仕事をさぼってる人、
友達と待ち合わせをしてる人、
音楽を聴いてる人。
そんなみんなの「今」の実況中継。
ツイッターをたどっていくと今この瞬間に
会ったこともない大勢の人たちが
いろんな所でいろんなことを考えているんだと感じることができる。

旅先のネットカフェから私の「今」を。
伝えられたら良いなと思う。
posted by だだ at 23:36| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

旅の不安

2月に入った。
旅立ちの日まであと2週間。
アフリカを目指すんだと話したら、よく受ける質問がコレ。
 「よくもまあそんなトコに行こうと思うよね?怖くないの?」
怖くない。
わけないだろ!
旅が怖くないなんて、
そんなこと言えるほど物知らずじゃない。
私はアカンタレだから、たぶん他のひとより怖がりだ。
だけど怖いよりも不安よりも、
必ず「行きたい」ほうが勝手しまうんだ。

一般的にはこういうのが心配の種らしい。



1位)病気や盗難にあわないか
遭うな。
これは遭う。
とくに病気は絶対だ。
私が旅に出て、食中毒をやらなかったら、そっちの方がおかしい。

2位)言葉が通じず苦労することはないか
苦労するだろ。
あたりまえだろ。
何の苦労もなかったら、それは海外じゃないだろ。大阪だろ。

3位)お金はどうやって持っていったらいいか
あ〜悩むね。たしかに。
だけど現代には、海外でも銀行の預金を引き出せる、便利なシステムがあるのだ。
それより、盗難したときカードの再発行がスムーズに行われるか、が気になる。

4位)はじめて行く所だから不安
んんん?
これは分らない。
初めて行く所だから不安?
知らない土地、知らない人、知らない食べ物。
知らないことばっかりだから不安?
・・・知らないなら、逆に不安になる要素がないと思うけどな。
知らないことは素晴らしい。
これから知ることができるのだから。
自分の目で見て、舌で味わって
たくさんの新鮮な発見ができるのだから。

5位)ホテルの設備内容
というより私の場合、
ホテルが見つかるかどうか不安。

ツアーで行く人はこんなことより、
ツアーメイトや添乗員とうまくやっていけるかどうかを心配するべきだと思うのだがな。

 
結論。
不安に思っても
怖がっても
なんにもならない。
なんの解決にもならない。


あっ!
そういえば私、明日から香川に行くのだった。
友達との1泊旅行。
集合は朝6時。
起きられるかどうか・・・すごく不安。
posted by だだ at 20:46| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

船長!

なんでもないものに一目惚れして、衝動買いをしてしまうことがある。
今日ふらりと立ち寄ったレゴ・ショップで
彼に出会った。
 「俺を連れてけ!」
親指ほどしかない、小さなレゴの人形が
やたら自己主張しているように見えて。
気に入ってしまったのだ。
彼。
海賊船のキャプテン。

船長!

この人形を見たとき、TOKYOの『宙船』を思い出した。
中島みゆきの歌詞が好きだった。

 その船を漕いでゆけ
 お前の手で漕いでゆけ
 お前が消えて喜ぶ者に、お前のオールを任せるな

そんな歌だ。
大人になれない私の旅に、レゴの彼を連れていこうと思う。
私の船のキャプテンだ。
posted by だだ at 23:54| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の言葉

我が子をバイリンガルに育てたい。
そんな願いから、日本人なのに外国人学校へ通う子が増えていると聞く。
この時代、子供にバイリンガルになってほしいと願うのは当然かもしれない。
私も英語と関西弁をぺらぺら話す姪っ子を羨ましいと思う。
だが妹は言っていた。
 「子供の頃にいろんな言葉を教えすぎると
  かえって言葉に不自由することがある」
と。
言葉というのは難しく。
使いこなすのは難しく。
自由にぺらぺら話せているように見えても、それを母国語とする人からみればちっとも完璧ではない。
移民の国オーストラリアには、4ヶ国語でお喋りをするのにどの言葉も完璧ではない、そういう子供がいるそうだ。
母国語がない。
アイデンティティがない。
それはかえって不幸なことだ。
日本人は、国民全員が(基本的には)同じ言語をマスターし、古典だって読むことができる。
それは素晴らしいことなのに。
 「みんな母国語の有り難味をわかってないのよ」
バイリンガルにするまえに。
日本の言葉を教えたい。
posted by だだ at 17:36| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

大阪駅

疲れた。
とても疲れた。
都会疲れである。

私は田舎の人間なので、
電車に乗ったり乗換えたり
人ごみの中を歩いたり
土がぜんぜんないところを歩いたり
地下街を通りぬけたり
するのがとてもこたえるのである。

都会のひとは
なぜみんな
あんなに急いでいるのだろうか。

電車の中で聞こえてきた会話。
 「おう、お疲れ。いまバイト帰りか?」
 「そう。今日さあ、大変やってん。
  店に強盗が入って」
 「えええ!大丈夫やったんか」
 「それがな。
  ドアをバン!て思い切り壊してオッサンが入ってきよって
  『金だせ!』  
  脅すねんけど、金は金庫の中やし、レジは空っぽやし。
  店長もおらんから
  『金ない!』
  て言うたら
  『そうか・・・』
  言うて引き返しよった」

ちょっと笑った。
それから悲しくなった。
下調べもせず押し入る強盗なんて素人に決まっている。
あのあと別の店に行ったのだろうか。
捕まったのだろうか。
・・・都会の電車は、とても疲れる。 
posted by だだ at 23:20| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

ついったー

主婦とニートの朝の定番『はなまるマーケット』で昨日、『Twitter』を特集していた。
 「そうか!
  これからは主婦もツイッターの時代か!」
なんだか感心した。
若者の流行についていくことはもうできないが
主婦の流行には喰らいついていかねばなるまい。

そう思って私も参戦してみた。
いっしょうけんめい、参戦してみた。
でもよくわかんない。
何が楽しいのか、まだわかんない。

文章にするほどの内容じゃない気軽なコメントを
短く書けばいいのだな。
旅先からも書けるかな?
気が向いたら、ちょっとなんか書いてみようと思う。

(ID:dadaJapaneseです。)
posted by だだ at 07:00| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

財布を替えたら

ちょっと前のこと。
友達と遊びに出かけました。
五十肩がまだ少し痛かったので
荷物をなるべく減らしました。
財布も、普段はつかわない、小さなものにかえて出かけました。

で。
 「ひさしぶり!」
友達に会い。
 「ランチ行こうか!」
出かけたまでは良いものの。
念のため財布をのぞいてびっくりしました。
びっくりするくらい、お金が入ってなかったのです。
 「35円!」
友達に聞こえないよう心の中で叫びました。
 「なんだこの小銭!」
3500とか350ではありません。
ただの35円。
硬貨4枚。
かなり悲惨な状況です。
悲惨すぎて笑いが止まりません。
友達にお金を借りたらいつ返せるかわかりませんから、
私はとっさに携帯電話をにぎりしめ
 「ちょっとトイレに」
と駆け込みました。
そして、近所にいる従妹に電話で助けを求めました。
 「お金入れ忘れた!貸して!」
従妹もいっしょに笑ってくれました。
持つべきものは、近所の従妹です。

そのあとで
 「虎年の春に財布を替えると縁起がいいらしいよ」
と教わったけど、私はやめておこうと思いました。
posted by だだ at 23:00| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

雑然とした話

サラダをフォークで食べるのって難しい。
日本人なら箸だろ、箸!
たとえパスタランチについてるミニサラダでも、お箸は必用だろ!
レタスが逃げるっちゅうねん。

フォークでサラダを

レタスを追いかけているあいだに腰を痛めました。
今患ってるのは、
 ・ 逆流性胃腸炎
 ・ 五十肩
 ・ ギックリ腰
どこまで中年なんですか私。
病院へ行ったら、医者がカルテの生年月日欄に目をやりながら
 「そんなに急いで老けなくても」
笑ってました。

さっき友達からメールがきました。
 「厄払い、行きませんか?」
行きます行きます。
今、とっても必用かも、厄払い。
体中になんか憑いてる気がする今日このごろです。
posted by だだ at 19:19| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

『神戸新聞の7日間』というドラマをみた。
阪神大震災のときの、地元の神戸新聞の記者の話だ。
主演は今をときめく嵐の櫻井くん。
うちも神戸新聞をとっていて、翌日の昼くらいに朝刊が届いて
 「わっ、神戸新聞きた!」
感動したのを覚えている。
一面に載った社説も読んだっけ。

その神戸新聞の読者投稿欄に、つい先日、被災したひとからこんな言葉が寄せられていた。

 「毎年この季節になるとメディアが震災の話題ばかりで辛い。
  私も当時は誰かにしゃべりたかったけれど、今はとにかく早く忘れたいと思うようになった。
 1月17日が通り過ぎるのを目と耳をふさいでじっと耐えています。」

『時が解決してくれる』とよく言われるけれど。
どんなに時が流れても、癒えない悲しみがあるのだ。
どんなに復興したように見えても、戻らないものはたくさんあるのだ。

私はあのとき神戸の学生だったが、何もできなかった。
ボランティアにも来るなと言われた。
危ないし、お前らじゃ役に立たないからと。
自分の力で被災地へ行く勇気もなかった。

そういえば、あのころ父が、宝塚の職場から鶴の置物を持ってかえってきたっけ。
ひっくりかえってグチャグチャにつぶれたゴミの山の中に置かれていた鶴。
 「なんか可哀想でなあ。
  首が折れとるねんけど、治してやってくれ」
ビニールテープの包帯で首をぐるぐる巻かれた鶴は、今でもうちの庭に立っている。

ケガをした鶴

私が助けてあげられたのは、この鶴だけだなあ。
posted by だだ at 16:01| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

ジョギング

困った。

困った。

どういうことだ?

先月からジョギングを続けているのだけれど・・・。


毎朝、10キロ走っても、痩せない。


おかしいだろ、これ。


土手にかかる橋

上の写真は、毎朝走っている武庫川沿いの眺め。

とはいえ10キロ走りっぱなしではなくて。
カモやサギや、ハクセキレイやムクドリやホオジロを眺めたり
散歩している犬やおじさんにおはようを言ったり
咲いている水仙を探したり
たまにカメラを取り出したり。
けっこう忙しいのです。

道草をくいながら。
よそ見をしながら。
耳をすませながら。
走るのが好き。

今朝は小雪が舞いました。
大海のプランクトンのように降りました。
私は群れからはぐれた小魚の気分で雪の中を走りました。

雪うっすら

だけど今年は、なぜか雪が積もらないのです。
これも、おかしいなあ。
posted by だだ at 19:12| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

また会おう

仕事を辞めて。
次の旅まで一ヶ月。
 「いまは何してるの?」
と聞かれたら、
家事や旅行の支度もあるけど
 「友達に会ってる」
と答えている。

ここ2、3年はほとんど予定を立てられなかった。
約束をしていたのに急に仕事が入ってドタキャンしたことも1度や2度や3度ではない。
そのお詫びも兼ねて、旅に出る前に会いたいひと全員と会っておこうと思ったのだ。

昨日は同い年の友達と食事に行った。
昔はとても仲がよかったのだが、互いの仕事が忙しくなり数年ぶりの再会だ。
こういう再会は、実は、ちょっと怖いところがある。
ちょっと見ないうちに結婚して子供を産んでいたり
人生の転機が訪れて大変身していたり
苦労をかさねて別人のような顔つきになっていたり。
『人生いろいろあるのね』と言うだけなら簡単だけれど
若い無邪気な時代を知っているだけに、その変貌ぶりを目の当たりにするのが辛いことだってある。

だけど昨日の友達はなんにも変わっていなかった。
嬉しいほどにそのままだった。
豪快に笑ってたくさん食べて、下品なくらい打ち明け話をした。
また会おう。
また食べに行こう。
そしてまた、笑おう。
そう言って別れた。
嬉しかった。
posted by だだ at 16:14| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

トイカメラたち

先日とうとう一眼レフのカメラを売りとばした。
ド素人の私には使いこなせないからだ。
だいたい、持ち歩くのに重過ぎる。
・・・五十肩には重過ぎる。

一方、トイデジカメは増殖する一方。
母があきれて
 「おんなじようなカメラばっかり!」
と言う。
抗議のためにいくつか撮り比べてみた。
続きを読む
posted by だだ at 13:35| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

正面から向き合え!

 「自分自身と正面から向き合え!」
という言葉がある。
これがなかなか難しい。
鏡と向き合ってみたが肌荒れがひどいことに気づいただけで何も起こらない。

練習のために、カルガモさんと正面から向き合ってみた。

カルガモ正面

次の瞬間、手をくわれた。


猫さんとも正面から向き合ってみた。

タマさんアップ

次の瞬間、手をかまれた。

カモも。
猫も。
ひとも。
自分自身も。

何事も、正面から向き合うことは難しい。
posted by だだ at 22:44| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

新しい相棒

携帯を替えた。
機種変更だ。
私はあくまで実用重視。
デザインなんかはどうでもいい。
きらきらとかデコメとかワンセグとか、いっさい要らない。
ショップの店員さんに
 「海でも砂漠でもアフリカでも使えるタフなケータイをください」
と所望してみた。
 ・防水
 ・防塵
 ・海外で使える(3GS)
この3つの条件を満たすものをと。
店員さんはちょっと考えて
 「その条件でしたらFになりますね」
とチョイスしてくれた。
ドコモの
 『F-02B
売り文句は
 『きらめき&フレグランスでファッションアイテムのように自分らしさを演出!』
・・・・・・
・・・・
・・・
おかしいな。
なんか、これ、光ってるよ?
・・・・・
・・・・
・・・。
だからね。
私はあくまで実用重視。
デザインなんかどうでもよくって、求めているのは3つの条件を満たすタフでワイルドなケータイ。
 「ですから、条件を満たしているのはこちらになります」
 『好きな香りを持ち歩ける、きらめくジュエリー携帯!』
・・・・・
・・・・
・・・。
焼肉の臭い、つけたろか。

こうして、女子失格者日本代表の私がデコデコぴかぴか光る携帯を持ち歩くことになってしまった。
背面に星がきらめいたり、キーが虹色に光ったり。
ウザくってしかたがない。
OFFにするのにだいぶ時間がかかったし、
着うたサイトに登録したらなぜか出会い系サイトにも同時登録されてしまったし。
このさき何が起こるのか、とても不安だ、このケータイ。
posted by だだ at 22:00| いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。